アルファルファ(Alfalfa)は、コレステロール低下、血糖値改善に使用されるハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

美容と健康と安全の知識 スポンサーリンク
子宮の病気・・・子宮内膜症、子宮筋腫、子宮頸がんなど
妊娠・出産のハーブ・・・妊娠出産から断乳までのハーブ
PMS(生理前症候群)・・・身体的、精神的症状を示す症候群
生理痛(月経困難症)・・・月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛
更年期障害・・・憂うつや情緒不安定の精神症状を引き起こす
母乳・・・子を育てるため乳房から分泌する白色で不透明の液体
美白美肌・・・女性の美の基本となるお肌の健康

  サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表      このエントリーをはてなブックマークに追加 アルファルファの葉
名 称 アルファルファ
科名・属名 マメ科ウマゴヤシ属 多年草
学 名 Medicago sativa(アヴィーナ サティヴァ)
和 名 紫馬肥やし
ハ ー ブ Alfalfa(アルファルファ) 
lucerne(ルーサン)
生 薬 名 金花菜(キンカサイ)・・Medicago hispida
紫花苜蓿
産地・分布 中央アジア原産。世界各地で栽培
アルファルファの葉
成 分 ・L-カナバニン (canavanine) 、トリテルペン配糖体 (medicagol) 、クマリン類、
βシトステロール (sitosterol) 、スチグマステロール (stigmasterol) 、サティボール
カンペステロール (canpesterol) 、 (メディカゴール (medicagol)、(クメストロール、
ゲニステイン (genistein) 、ビオカニン (biochanin) A、ダイゼイン (daidzein) 、
アルカロイド類 (スタキドリン (stachydrine) 、ホモスタキドリン (homostachydrine) )、
作 用 コレステロール低下、利尿、動脈硬化予防、血糖降下作用、抗酸化作用、
適 応 コレステロール改善、糖尿病更年期障害むくみダイエット便秘、体力増進、
関節炎、生理不順、腎臓や膀胱の障害、胃の不快感、咳、
採取・製法 十分に成長した状態で採取 アルファルファ紫花種
部位・形状 葉と茎
香 り ほとんどしないが枯れ葉の様な香り
味 覚 ほんのりした甘味と若干の渋みがある。
使用方法 1カップに小サジ1杯を入れ熱湯を注ぐ
紫花種と黄花種
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 更年期障害・・・・アルファルファ1+フェヌグリーク1/2+柘榴(ざくろ)1/2
 糖尿病・・・アルファルファ1+グァバ1/2+サラシア1/2
 ダイエット・・・アルファルファ1+プーアル茶1/2+ルイボス1/2
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

広告
日常生活を常に見直す努力を
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて生じた障害と防衛反応
便秘・・・腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる

アルファルファの安全性
クラス:1 適切に使用される場合、安全に摂取することができるハーブ
・アルファルファ (ウマゴヤシ/ムラサキウマゴヤシ) 全草が「医薬品的効能効果を標ぼうしない限り
 医薬品と判断しない成分本質 (原材料) 」に区分される 。
・光過敏症が知られている。
・通常の食品に含まれている量を経口摂取することは安全性が示唆されているが、多量摂取は
 巨脾症を伴う可逆的汎血球減少症の恐れがあるためおそらく危険と思われる。
植物性エストロゲンを含有するため、妊娠中・授乳中は過剰摂取を避ける。
・全身性エリテマトーデス (SLE) 患者、その他リウマチなど自己免疫疾患患者は使用禁忌。
有効性
・加熱処理したアルファルファ種子の高リポタンパク血症患者に対するコレステロール値低下作用については
 予備的知見がある。

【名称 英名 学名 用語】 索引
アルファルファの語源
・学名〔Scientific name〕
 Medicago (アヴィーナ) 属名
  紀元前に栄えたメディア王国に由来するギリシャ語古名
  紀元前四世紀にアレクサンドロス大王がメディア(media)から持ち帰った植物という説と
  薬(medicus)にする植物との説。
 sativa (サティヴァ) 種小名
  耕作または栽培された、という意味
英名〔Herb tea〕
 Alfalfa(アルファルファ) 
  【最高のたべもの】というペルシャ語がアラビア語に変化、すべての食物の父とも呼ばれる。
 lucerne(ルーサン)
  アルファルファが普及したスイスのルツエルン(Luzern)の名称
・和名
 むらさきうまごやし (紫馬肥やし)
  ウマに与えると肥えるということからウマゴヤシ(馬肥し)と呼ばれた。
・生薬
 紫花苜蓿
  苜蓿は、中国語でウマゴヤシの属の植物をさす言葉。
 金花菜(キンカサイ)・・Medicago hispida
  アルファルファの仲間の植物

広告

アルファルファの歴史
・アルファルファには紫花種と黄花種と雑色種(雑種)があります。
 紫花種は小アジアからからヨーロッパと北アフリカに拡大したルートと、中央アジアに発し古代文明の
 潅漑栽培の中で進化したルートの二つが考えられています。
 このような進化の中で紫花種は耐干性は失いましたが細菌性萎凋病などに対する抵抗性を獲得し
 近代品種の育成に大きく貢献しました。
 黄花種はシベリアからコーカシアに広がりきわめて強い耐寒性と耐干性を獲得しました。
 16世紀に紫花種がドイツや北フランスに導入されるとすでに自生していた黄花種と
 自然交雑し極めて強勢の雑色種が誕生しました。独自の進化を遂げた紫花種と黄花種の出会いが
 世界各地で栽培される糸口となりました。
 現在世界中で栽培されているのはほとんど雑色種です
・日本には江戸時代末期に伝来したが牧草としての栽培は明治以降でおもに北海道で定着した。
・北海道で初めてアルファルファが栽培されたのは、明治7年(1874年)七飯勧業試験場でのことでした。
 本格的に栽培が広まったのは、戦後の昭和30年(1955年)年頃からといえます。栽培面積は徐々に広がり
 昭和61年(1986年)には、1万haを越えましたがその後はほとんど増えていません。
 これは,北海道の酪農の中心である十勝・根釧に適した品種がこれまでなかったためです。
 北海道で,アルファルファの品種改良が始まって30年、北海道の古い草地に永続していた株に
 フランス北部の在来種の血を組み合わせて北海道に適した「マキワカバ」「ヒサワカバ」の2品種が
 育成されました。
 これら2品種の特長を生かすことにより北海道全域でアルファルファの栽培が増えることが期待されています。

アルファルファの栽培と収穫
・マメ科の多年生植物で、30~100 cm程度に生長する。原産地の近東諸国では、主に飼料用の作物、
 また痩せた牧草地を肥沃に改良する作物としても利用されている。
 葉は野菜として食べられている
・アルファルファのスプラウト栽培
 容器に種が水に浸るか浸らないかくらい水を入れ、光の当たらない場所か、ダンボールや箱、紙袋などを
 使って光を遮断した環境で育てると10日程でモヤシの様な状態のスプラウトが収穫できる。


著者のブログの紹介
薪ストーブの苦楽 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪畑 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
廃材木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
廃材木工作品 委託販売サイト  Creema    minne

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved