アシュワガンダは、体力や抵抗力を高める滋養強壮効果があるハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

名 称 アシュワガンダ アシュワガンダの葉と実
科名・属名 ナス科 セキドメホウズキ属 常緑樹
学 名 Withania somnifera (ウィタニア ソムニフェラ)
和 名 セキドメホウズキ
ハ ー ブ Ashwagandha(アシュワガンダ)
Winter Cherry(ウインターチェリー)
Indian Ginseng(インディアン ジンセング)
生 薬 名 印度人参(インドニンジン)・・・中国
産地・分布 インド、ネパールの乾燥地及び中東などで栽培される
アシュワガンダの葉と実
成 分 アルカロイド (isopelletierine、anaferineなど) 、ステロイドラクトン
(ウィタノライド類 (withanolides) withaferin類、sitoindoside類など) 、サポニン、鉄
作 用 滋養強壮、血液浄化、抗ストレス、抵抗力増加、老化防止、脳機能改善、抗炎症
・アダプトゲン作用・・・体力や抵抗力を高める滋養強壮効果、内分泌、免疫の働きを高め、
 体に備わった健康維持作用を活性化するもの。
適 応 精力・スタミナ・体力増強、関節炎、腫瘍、疲労回復、虚弱体質、集中力の欠如、記憶力減少、
がん
予防、頭痛、ストレス、精神不安、不眠症、男性機能回復、ぜんそく、気管支炎、月経不順
採取・製法 1月の乾期に根を掘り上げる アシュワガンダ完熟した実アシュワガンダの乾燥した根
部位・形状 主に根・葉、漿果が薬用に利用される
香 り かなりの動物臭がする
味 覚 苦くて飲みにくい。
使用方法 2~3gを急須に入れて熱いお湯を注ぐ。
アシュワガンダの完熟果実と乾燥した根
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 妊活(女性)・・・アシュワガンダ1+五加皮1/2+フェヌグリーク1/2
 妊活(男性)・・・アシュワガンダ1+マカ1+シャタバリ1/2
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

アシュワガンダの安全性
クラス:2 植物含有成分の使用に関する資格がある専門家〔医療従事者〕による
特別な指示がない限り、以下の使用制限が適用される。
2b 妊娠中に使用しない
2d 特定の使用制限のあるハーブ
全草が「専ら医薬品として使用される成分本質 (原材料) リスト」に該当
・適切に短期間経口摂取することは安全性が示唆されているが、長期間または局所使用した際の
 安全性は情報が不十分である。
・アシュワガンダには堕胎作用があるため、妊娠中の使用はおそらく危険と思われる。
・授乳中の安全性は信頼できる十分なデータがないため、使用を避ける。
・免疫活性が刺激される可能性があるため、多発性硬化症、全身性エリテマトーデス、
 リウマチ性関節炎などに罹患している人は使用を避ける。
・消化管が刺激される可能性があるため、消化性潰瘍に罹患している人は使用を避ける。

【名称 英名 学名 用語】 索引
アシュワガンダの語源
・学名〔Scientific name〕
 Withania 〔ウィタニア〕 属
  セキドメホウズキ属の意味。語源は不明。
 somnifera 〔ソムニフェラ〕 種小名
  somniferaは、睡眠性という意味。、睡眠薬としても利用されてきた
英名〔Herb tea〕
 Ashwagandha 〔アシュワガンダ〕
 サンスクリット語で馬の臭いという意味。更に馬のような力が得られることから。
 Indian Ginseng 〔インディアン ジンセング〕
  朝鮮人参と同じような滋養強壮作用があrtことから。
 Winter Cherry 〔ウインターチェリー〕
  冬にホウズキの5分の1位の小さい赤い実を付るから。
・和名
 セキドメホウズキ
  免疫力向上と体力回復など病気全般に作用する呼吸器系の疾患にも使用された。
・生薬
 催眠睡茄 〔スイミンスイカ〕・・・中国
  不眠に飲用される為か。

アシュワガンダの歴史
・約5.000年の歴史を誇るインドの伝統医学アーユルヴェーダ(Ayurveda)では、強壮・強精薬や
 若返り薬として用いられてきました。アーユルヴェーダ(Ayurveda)とは、ayu(生命)ved(知識)を意味する。
・1940年代に、ストレスに対する適応能力や抵抗力を高めるという概念が認識された。
 ロシアのブレクマン博士がアダプトゲンが満たす条件を、生体にとって無害であること、物理的・化学的
 ・生物学的な要因による生体ストレスに対する適応能力や抵抗力を高めること、異常を起こした体を
 正常化させることの3点を定義づけました。

アシュワガンダの栽培と収穫
・中東などに自生する常緑低木で、ナス科に属するハーブの一種です。高さは1~2mほどになり、
 緑や黄色の花を咲かせ、5cm~10cmほどの葉を一年中つけています。
・種子は暖かい時期(6月~10月上旬)に蒔き、冬に上部が枯れます、基本的に、関東より南であれば
 栽培可能ですが、霜、雪等当たらぬよう、藁等ひくとよいでしょう、発芽まで、3週間~3ヶ月かかる
 場合があります。種子を腐らせないように水はけの良い土に植える。

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved