ジャーマンカモミールは、妊娠中の足のむくみ解消や体を温ため熟睡できるハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

美用と健康を追求することは、生活を豊にする スポンサーリンク
アロマセラピー・・・精神的な癒し、安心、心の安定につながる
美白美肌・・・女性の美の基本となるお肌の健康
エステティック・・・痩身や脱毛、美白を始めとした、全身の美容術
豊胸(バストアップ)・美乳・・・バストの悩みを持つ女性は多い
プラセンタ・・・美白などお肌にとっての大切な栄養素
ポリフェノール・・・植物に含有され、その数は5000 種以上ある
エストロゲン・・・女性の健康・美用・生活に深くつながるホルモン

 サイト内の関連するページと広告

保 存 ハーブ栽培記録一覧表     花と葉
名 称 ジャーマンカモミール
科名・属名 きく科 シカギク属 一年草
学 名 Matricaria recutita(マトリカリア レクティタ)
和 名 ジャーマンカモミール 加密列 〔かみつれ〕
生薬名 母菊〔ハハギク〕・・中国 欧薬菊〔オウヤクギク〕・・中国
西洋甘菊〔セイヨウカンギク〕・・中国
ハ ー ブ ジャーマンカモミール〔German chamomile〕
アニュアルカモミール 〔Annual Chamomile〕
産地・分布 ヨーロッパから西アジアに分布
カモミールジャーマン栽培記録
成 分 アズレン〔azulene〕、ビサボロール(bisabolol)]、カマアズレン(chamazulene)、ファルネセン、
フラボノイド〔ルチン、クエルシメトリン〕、クマリン〔coumarin〕サリチル酸塩、シアン配糖体、
コリン、タンニン、アピゲニン〔筋弛緩作用〕、吉草酸、脂肪酸、青酸配糖体、多糖類、コリン、
アミノ酸、タンニン
作 用 抗炎症、抗痙、鎮静、発汗、制吐、保温、治癒促進、免疫機能向上
適 応 過敏性腸症候群生理前緊張症〔PMS〕不眠症、風邪、ストレス、乗り物酔い、インフルエンザ及び
それに伴う悪寒や頭痛、冷え性自律神経失調症生理痛(月経困難症)めまい
妊娠・出産を快適に過ごす為のハーブ類
注 意 ・子宮収縮作用があるので、妊娠中は使用量を守る、精油(アロマ)は絶対に使用しない
・庭などでカモミールに触れると接触性皮膚炎をおこす事がある
採取・製法 花が全開になったら採取し乾燥 乾燥した花〔ジャーマン〕ティー
部位・形状 花、原体
香 り ジャーマン甘い青リンゴの香りローマンはくセのある香り
味 覚 ジャーマンはさっぱりした味 ローマンは少し苦味がある
使用方法 1カップ小サジ1杯入れ熱湯を注ぐ香りを嗅ぎながら飲む 乾燥したジャーマンカモミールとティー
ブ レ ン ド
(小サジ)
生理痛(月経困難症)・・・カ・ジャーマン1/2+ペパーミント1/3+ヤロー1/4+ローズマリー1/4
精神安定・カ・ジャーマン1/2+ペパーミント1/3+リンデン1/3+レモンバーベナ1/3
冷え性・・・カ・ジャーマン1+ローズ1+クローブ5粒
ニキビ ・・・カ・ジャーマン1+ローズマリー2+ペパーミント1
アトピー・・カ・ジャーマン1/2+ネトル1/2+ローズヒップ1/3
備 考1 乾燥したカモミールローマンとティー カモミールローマンの花
乾燥したローマンカモミールとティー ローマンカモミールの花
・Roman camomile(ローマンカモミール) Chamaemelum nobile (カマエメルム ノビレ)
 羅馬洋甘菊〔ローマヨウカンギク〕・・・中国
 ジャーマンカモミールとは、全く別属の植物で、製油の成分が異違うが、使用方法などは同じです。
 香りは、ジャーマンが良い、ローマンは葉も香りがある。
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

広告
知らず知らずにいつの間にか症状が悪くなっている
口内炎・・・口の粘膜に生じる炎症の総称
歯周病・・・歯のまわりにある組織に起こる疾患
口臭・・・口から吐く息とともに出る臭い
気管支喘息・・・過敏性になり呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す
膀胱炎・・・細菌が膀胱内に侵入し、増殖して炎症を起こす
過敏性腸症候群・・・便秘や下痢などの便通異常を伴う腹部症状
駆風・・・胃腸内のガスを排出させ、圧迫感を除く作用

ジャーマンカモミールの安全性
クラス1 適切に使用する場合は、安全に摂取することができるハーブ。
・ドイツのコミッションE(薬用植物の評価委員会)で治療目的での使用が承認されている。
・適切に経口摂取すればおそらく安全と思われる。しかし、多量摂取すると、嘔吐を起こすので危険性が
 示唆されている。
・花は治療目的で使用する場合、短期間ならば安全性が示唆されている。
アレルギー反応(接触性皮膚炎,重篤な過敏症,アナフィラキシー)を起こすことがある。特に、眼に用いると
 刺激性がある。
・カモミールには傾眠作用や鎮静作用があるので、車や重機を運転する人は使用を避けたほうがよい
・理論上、カモミールにはクマリンが含まれているため、出血のリスクが高まる可能性があり、
 出血性疾患のある人や、出血のリスクが高くなる薬を飲んでいる人は、注意して使用する必要がある。
・外用は放射線療法、ある種の化学療法による粘膜の炎症の予防および治療に有効性が示唆されている。
・医薬品との併用に注意が必要・・・上記薬剤併用の項を参照

ローマンカモミールの安全性
クラス2 植物含有成分の使用に関する資格がある専門家〔医療従事者〕による
特別な指示がない限り、以下の使用制限が適用される。
2b 妊娠中に使用しない
・ドイツのコミッションE(薬用植物の評価委員会)で未承認ハーブとしてとして記載されており、
 薬用としての効果は劣る上、アレルギー様の副作用のリスクがあることが報告されている。
・アレルギー反応(接触性皮膚炎、重篤な過敏症、アナフィラキシーを含む)を起こすことがある。
 特に、眼に用いると刺激性がある。

広告

カモミールと医薬品の併用
薬 剤
併用注意
ブプロピオン、ネファゾドン〔抗鬱薬、禁煙薬〕
 〔他剤が無効な重症の鬱病治療に用いられる〕
 併用すると傾眠症状が強くなりすぎる
ドキセピン、イミプラミン〔三環系抗鬱薬〕
 〔脳神経終末へのノルエピネフリンとセロトニンの取り込みを阻害する〕
 併用すると傾眠症状が強くなりすぎる
塩酸フロオキセチン、フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン
 〔選択的セレトニン再取り込み阻害剤〕
 〔鬱病、強迫性障害、食欲以上亢進、食欲不振症、社会恐怖症、などに用いる〕
 併用すると傾眠症状が強くなりすぎる
ブスピロン〔抗不安剤〕
 〔不安症の治療や月経前症候群に用いられる〕
 併用すると傾眠症状が強くなりすぎる
ジアゼパム〔抗不安剤〕
 〔不安症や緊張の緩和を目的に処方される。また筋肉の弛緩にも使用される〕
 併用すると傾眠症状が強くなりすぎる
ハロペリドール〔抗精神病薬〕
 〔精神障害、精神分裂症、トゥーレット症状、急性の精神症状の治療に処方される〕
 併用により傾眠症状が強くなりすぎる
セチリジン、フェキソフェナジン、ジフェンヒドラミン〔抗ヒスタミン薬〕
 〔鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど季節性アレルギーや蕁麻疹、発疹のアレルギーにも使用〕
 併用により傾眠症状が強くなりすぎる
クロルフェニラミン、クレマスチン、ドキシラミン、ロラタジン〔抗ヒスタミン剤〕
 〔鼻水、くしゃみ、目のかゆみなど季節性アレルギーや風邪や上気道感染症にも使用〕
 併用により傾眠症状が強くなりすぎる
ジメンヒドリネート、プロメタジン〔抗ヒスタミン薬、制吐薬〕
 〔嘔吐、吐き気および乗り物酔いによるめまいの治療と予防に処方される〕
 併用により傾眠症状が強くなりすぎる

カモミールと医薬品の併用
薬 剤
併用注意
デキストロメトルファン〔鎮咳剤〕
 〔風邪、インフルエンザ、上気道感染症、アレルギーなどによる咳を抑制する〕
 併用すると傾眠症状が強くなりすぎる
ジスルフィラム〔嫌酒薬〕 〔飲酒習慣からの離脱を目的に処方〕
 〔少量のアルコールで頭痛、吐き気、めまい、嘔吐、発汗、など不快症状を起こす〕
 併用すると傾眠症状が強くなりすぎる
メチルドーパ〔抗高血圧薬〕
 〔血圧降下に処方される。利尿剤など、他の高血圧治療薬と併用する〕
 併用すると傾眠症状が強くなりすぎる
塩酸メチルフェニデート〔中枢神経刺激〕
 〔子供の活動亢進をともなう注意欠乏障害に処方。精神障害、社会障害、学習障害にも使用〕
 併用するとメチルフェニデートの鎮静作用を増強する可能性がある
亜酸化窒素〔麻酔ガス〕
 〔歯科治療や外科手術で使用〕
 併用すると過剰な鎮静作用が発現するので亜酸化窒素使用の可能性がある場合は
 前後48時間は使用禁止
オキシコドン、プロポキシフェン〔麻薬性鎮痛薬〕
 〔アセトアミノフェン、アスピリンと組み合わせて、中程度から重度の疼痛緩和に処方される〕
 併用すると過剰な鎮静作用が出現する
ゾルピデム〔鎮静剤、催眠剤〕
 〔不眠症に対する短期治療を目的に処方する〕
併用すると傾眠症状が強くなりすぎる


【名称 英名 学名 用語】 索引
ジャーマンカモミール・ローマンカモミールの語源
・ジャーマン学名〔Scientific name〕
 Matricaria 〔マトリカリア〕 属名
  ラテン語のmatrix〔マトリックス〕〔子宮〕が語源。 婦人病に薬効があることから。
 recutita 〔レクティタ〕 種小名
  〔下に打ち付ける〕の意味。花が下を向くことから名付けられました
・英名〔Herb tea〕
 German Chamomile 〔ジャーマン カモミール〕
  ギリシャ語のkhamai〔大地〕とmelon〔リンゴ〕から。
  「大地のリンゴ」という名の通り、ジャーマン種は花に、ローマン種は全草にリンゴに
  似た甘酸っぱいリンゴの芳香があります。ゲルマン民族が好んで使用していたことから、
  ジャーマンの由来がある
 Annual Chamomile 〔アニュアルカモミール〕
  Annualは、一年草の事。ローマンが多年草なので区別している。
・和名
 加密列 〔かみつれ〕
  ギリシャ語のChamomilla〔低い〕とMelon〔リンゴ〕からの造語。
・ローマンの学名
 Chamaemelum 〔カマエメルム〕 属名
 ギリシャ語でChama〔地面を這う〕という意味とmelum〔リンゴ〕から。
 nobile 〔ノビレ〕 種小名  〔高貴な〕の意味。
・英名〔Herb tea〕
 Roman camomile〔ローマン カモミール〕
  原産地がローマンは地中海沿岸。ジャーマンカモミールはドイツが産地
・生薬
 母菊〔ハハギク〕・・中国  欧薬菊〔オウヤクギク〕・・中国
 西洋甘菊〔セイヨウカンギク〕・・中国

カモミールの歴史
・ジャーマンカモミールは、4000年以上前のバビロニアですでに薬草として用いられていたと言われ、
 ヨーロッパで最も歴史のある民間薬とされている。
・日本には、江戸時代にポルトガルやオランダから持ち込まれ、日本薬局方に第7改正〔1962年〕まで
 【カミツレ花】として収載されていました。その後抗生物質が主流となり、ハーブは、日本薬局方から
 外されていったのです。

カモミールの栽培と収穫
・ローマンカモミールは多年草で開花期は6月で、白色の舌状花が咲き特有のリンゴのような香気がある。
 湿気・暑さには弱い。夏場は風通しの良い半日陰で育てる。開花後花だけを摘み取り、茎は6月梅雨前に剪定を
 かねて1/3を収穫する。
・ジャーマンカモミールは一年草で3月下旬~と9月下旬~が種まきのシーズンといわれる。
 秋まきの方が一般的に丈夫な苗に育つようである。本葉が12枚ぐらいになったら定植をする。
 株間が狭く風通しが悪くなるとアブラムシが発生しやすくなるため株間は30cm程度開けた方がよい。
・ローマンカモミール、ジャーマンカモミールとも花を採取する。ローマンカモミールは精油を取りアロマテラピーや
 化粧品、入浴剤などに使用する。ジャーマンカモミールは、ハーブティーとして広く使われている。
カモミールジャーマン栽培記録

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved