メドウスイートの学名からアスピリン(アセチルサリチル酸)と命名された

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

年齢と共に少しずつ健康が損なわれていくことを知る スポンサーリンク
腰痛・・・一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる
肩こり・・・肩、肩甲部など筋肉の緊張を中心とする不快感
骨粗鬆症・・・骨量の減少と骨組織の微細構造に脆弱性が生じる
薄毛・・・びまん性脱毛症とは、女性にみられる脱毛症のこと
ニキビ・・・毛嚢・脂腺系の慢性炎症を生じる皮膚病
前立腺肥大症・・・男性生殖器官の前立腺内側が腫大する病気
アトピー・・・湿疹を伴ない、アレルギー反応と関連がある

  サイト内の関連するページと広告

保 存  ハーブ栽培記録一覧表   メドウスイートの花
名 称 メドウスイート
科名・属名 ばら科 シモツケソウ属 宿根草
学 名 Filipendula ulmaria
(フィリペンデュラ ウルマリア)
和 名 せいようなつゆきそう〔西洋夏雪草〕
ハ ー ブ メドウスイート〔Meadowsweet〕 
クイ-ンオブザメドゥ〔Queen of the meadow〕
生 薬 名 旋果蚊草子〔センカブンソウシ〕
産地・分布 ヨーロッパ、西アジアに分布
メドウスイートの花
成 分 サリチル酸フラボノイド、クエン酸、タンニン
作 用 抗炎症、抗リウマチ、鎮静、利尿、発汗促進、痛みの慰撫・軽減・治癒、抗菌、
収斂、消化管保護
適 応 胃酸過多、胸やけ(逆流性食道炎)、胃炎、消化性潰瘍、小児の下痢、赤痢、リウマチ
肺炎、関節痛、インフルエンザ膀胱炎〔尿路感染症〕、【外用】関節炎の痛み、リウマチ、神経痛
注  意 アスピリン過敏症の方は使用禁止。
採取・製法 メドウスイートの開花時期に花を採取し乾燥。 乾燥した花ティー
部位・形状 メドウスイートの花、原体。
香 り 甘い蜂蜜の香り。
味 覚 若干苦い味。
使用方法 1カップに小さじ1杯入れ熱湯を注ぐ。
乾燥したメドウスイートの花とティー
ブ レ ン ド
〔小サジ〕
 健胃・・・・・・・・・・・・・・メドウスイート1/2+カモミール1/2+メリッサ1/3
 関節などの痛み・・・・・メドウスイート1+キャッツクロー1+コラーゲン1
 消化管不全・・・・・・・・メドウスイート1/2+マシュマロー1/2+メリッサ1/2
備 考 メドウスイートの葉 メドウスイートの花(拡大)
メドウスイートの葉 メドウスイートの花
・メドウスイートから1838年に初めてサリチル酸が分離された。その後【アスピリン】として
 合成されたが、名前はこの植物の旧名Spiraea ulmaria〔スピラエア ウルマリア〕から作られた。
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

広告
体調管理は美容と健康の基本
不眠症・・・入眠や眠り続けることができない睡眠障害
日焼け・・・紫外線を浴びて、皮膚が赤く炎症を起こす
花粉症・・・花粉の飛散期に一致して症状がおこる
肝臓機能障害・・・肝炎・肝硬変に進行する可能性がある
高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
動脈硬化・・・動脈が老化し、弾力性が失われて硬くなる
体臭・・・汗や皮脂、垢に含まれる成分が分解される

メドウスイートの安全性
クラス:4 分類のための十分なデータが入手できないハーブ
・経口摂取及び外用で適切に用いればおそらく安全であろう。
アスピリン過敏症の方は飲用は避ける。
・妊娠中、授乳中、小児の安全性については、信頼えきる資料が十分にないので使用は避ける。
・血液の流れを良くする作用がある事から、血友病の人も使用を避ける。
・過剰摂取は、心臓の障害を引き起こすことがある。

メドウスイートと医薬品の併用
薬   剤
併用注意
アセタゾラミド〔利尿剤〕
  〔炭酸脱水酵素阻害剤、眼圧を低下作用。緑内障や癲癇、高山病、心臓疾患に使用〕
  併用すると有害な相互作用を起こす
次サリチル酸ビスマス〔制酸剤、下痢止め薬〕
  〔消化不良、吐き気、胃痙攣、下痢、特に旅行者下痢症の緩和〕
  併用すると体内のサリチル酸レベルが高くなりすぎ、血液凝固不全や出血を引き起こす。
  特に抗血液凝固作用のあるニンニク、イチョウやワーファリンなどの薬剤を
  使用している場合には注意が必要です
セレコキシン、ロフェコキシン〔非ステロイド性抗炎症剤、シクロオキシゲナーゼー2阻害剤〕
  〔疼痛や炎症を抑制している酵素を阻害する事で関節炎などの治療に用いる〕
  併用するとサルチル酸誘導体の影響で重い胃障害の原因になる事がある。
メトトレキサート〔抗ガがん剤、抗炎症剤〕
  〔重症のリュウマチ性慢性関節炎、重症の乾癬、がんや重症に喘息に処方される〕
  成分のサリチル酸がメトトレキサートの作用を増強し毒性を生じる事がある
オキサプロジン〔非ステロイド性抗炎症薬〕
  〔関節炎にともなう疼痛、浮腫の緩和に処方される〕
  併用すると消化管出血を含む重い副作用が発生する
スルファメトキサーレ〔スルフォンアミド系抗生物質〕
  〔リュウマチ性関節炎、潰瘍性大腸炎、クローン病に処方。炎症緩和作用もある〕
  併用によりサリチル酸の体内レベルが過剰になる
チクロピジン〔抗血栓薬〕
  〔血栓形成を阻止し脳梗塞の危険を低下。下肢血行不良、鎌状赤血球性貧血に使用〕
  併用すると血液凝固能が低下しすぎる可能性がある
ワーファリン〔抗血栓薬〕
  〔血栓の治療や脳梗塞の防止を目的に用いる〕
  併用すると血液凝固能が低下しすぎる可能性がある

広告

【名称 英名 学名 用語】 索引
メドウスイートの語源
・学名〔Scientific name〕
 Filipendula〔フィリペンデュラ〕 属名
  「ひもがぶら下がった」という意味で、根の形が由来。
 ulmaria〔ウルマリア〕 種小名
  セイヨウナツユキソウを表すギリシャ語名。
・英名〔Herb tea〕 
 Meadowsweet〔メドウスイート〕
  蜂蜜を発酵させたmead〔ミード〕酒の香り付けに用いられたことから。
 Queen of the meadow〔クイ-ンオブザメドゥ〕
  meadow〔草地牧、草地の〕女王
 Dropwort 〔 ドロップワート〕・・・蕾が滴に例えたのかもしれない。
 Bridewort 〔ブライデワート〕・・・花嫁草
・和名
 西洋夏雪草〔せいようなつゆきそう〕
  雪のように白い花を咲かせる夏雪草に似ている外国の植物として命名。
・アスピリンの語源
 Heinrich Dreser〔1860~1924 ドイツの化学者〕が1899年に命名。2つの説がある。
・サルチル酸はメドウスイート〔Spirae ulmaria〕に含まれるが、合成品であるということを
 誇示するため、〔Spiraeから抽出したものではない〕という意味で、
 a〔否定〕+Spirae+in→アスピリンと名付けたという説。
・アセチル〔acetyl〕のaとspir saure〔サリチル酸〕の合成語。
・生薬
 旋果蚊草子〔センカブンソウシ〕・・・中国

メドウスイートの歴史
・中性では撒布用のハーブとして利用されていた。
・ジェラード本草書または一般植物誌〔1597〕ではspiraea ulmaria〔メドウスイート古い学名〕として
 分類されていた。
・1838年に初めてFilipendula ulmaria〔メドウスイート〕からサリチル酸が分離された。
・1899年頃、Bayer製薬は、この植物のサルチル酸からアスピリンを合成した。〔上記の語源を参照〕

メドウスイートの栽培と収穫
・耐寒性。日向または一部日陰の湿った肥沃なアルカリの土壌を好む。繁殖は春に種を蒔くか
 秋か春に株分けをする。
・収穫は花の咲く前にも若葉を採取する。花は新しいうちに摘む。葉や花は乾燥させて保存する。


著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved