肺がんは、肺から発生した原発性肺腫瘍と、転移した転移性肺腫瘍がある

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

主要五大がん がん全般 (肺がん、胃がん乳がん子宮がん大腸がん
肺がん
概  要 ・肺腫瘍は、肺(気管支を含む)から発生した原発性肺腫瘍と、肺に転移した転移性肺腫瘍に大別される。
・原発性肺腫瘍は、良性腫瘍と悪性腫瘍に大別される。
 悪性腫瘍は、増殖速度が大きく、周囲の組織を破壊して発育し、他の臓器に転移します。
原  因 ・遺伝子に異常を起こす発がん物質は、放射線、紫外線、慢性の炎症などです。
 たばこの煙の4000種類以上の化学物質と約200種類の有害物質、40種類以上の発がん促進物質が
 複合的に働いて肺がんを作る。
・肺がんはがん死の第1位です。男女ともに急増している 肺がんの9割はたばこが原因なので世界的に
 喫煙に関する警鐘を鳴らしています。
・喫煙本数が多く、喫煙年齢が若いほどほど肺がんになりやすい、禁煙すれば肺がんのリスクが減少する
 ことなどが明らかになっています。
症  状 ・特有の症状があるわけではありません。肺は極めて鈍感な臓器なので早期発見が難しい。
 原因不名の咳や痰が2週間以上続く場合や、痰に血が混じる時は、早めに医療機関を受診するべきです。

肺がん
検  査 ・喀痰検査・・・苦痛なしに肺の局所の病気を調べるのに非常に有用な検査です
・腫瘍マーカー・・・異常な数字を示した場合に、治療効果や再発の有無を判定することに用いられる。
・気管支内視鏡検査・・・どこまで進んでいるかを判定するためには欠かすことのできない重要な検査です。
・CT検査・・・肺のほとんどすべての領域を正確に調べることができます。
・MRI検査・・・詳細な検査が必要と考えられた場合に、場所を絞って調べる
・骨シンチグラフィ・・・骨への転移を調べて病期を決定して治療法を選択する際に行う検査です。
・超音波検査・・・胸水のたまり具合をみたり、肝臓や副腎などの腹部への転移を調べる際に使われます。
・換気血流シンチグラフィ・・・手術後の肺機能を予測することができます。
・PET(ポジトロンCT)・・・良性・悪性の区別、リンパ節転移の診断、術後の局所再発の確認。
・骨髄穿刺・・・治療法を決定する場合に、骨髄の細胞を直接採取して調べます。
治  療 ・早期では治る見込みが十分にあるといえるでしょう。
 とくに手術可能なI、II期の患者さんでは治癒の
 可能性が高くなります。
・III期であっても最新の化学放射線療法を受けることで
 20%程度の患者さんは治癒することが期待される。
・IV期になると完全に治癒する見込みはかなり
 低くなりますが最新の化学療法や分子標的治療に
 よる臨床試験では延命効果やQOLの向上が得られる
 ことが明らかになっている。
エキナセアの花
ハーブ ※がん予防に良いとされるハーブ
エキナセア・・・抗がん、インフルエンザ、ウイルス感染、エイズ、ウイルス性肝炎ヘルペス
キャッツクロー・・・抗がん、腫瘍抑制、ウイルス性肝炎肝機能障害リウマチ疲労回復
紫イペ・・・がん予防、糖尿病リウマチ、関節炎、各種疾患の痛み、アトピー貧血
桑黄・・・免疫力低下、がん予防、多汗症、更年期障害
霊芝・・・がん予防、免疫力強化、治癒力増強、自律神経失調症、循環機能改善、不眠、肝臓疾患、
カバノアナタケ・・・がん予防、インフルエンザ、エイズ、糖尿病、病気予防、高血圧
アガリクス・・・がん予防、自律神経失調症 、生理不順、更年期障害アレルギー動脈硬化
病状説明 ・インフォームド・コンセント
 医療行為について理解できる説明を聞いたうえで自分の意思で受ける医療を決定をするという制度。
 説明を受ける時は、相談できる身内の方と同席して詳細に渡り必ず納得できるまで聞く。
・セカンドオピニオン
 治療方法に悩んだ時は、他の専門家に第三者の立場から参考意見を求めることも可能です。
 主治医に遠慮せずに申し出ると、必ず必要な資料を提供してくれるはずです。
ガン保険 ・現在のがん治療は、医療技術の発達もあり、治る率も高くなってきています。
 手術後の回復も早く、術後2週間程度で退院、その後は通院での治療というケースも増えています。
 通院での治療がメインとなると、この部分に対応していない保険では保障されないこととなります。
 体にメスをいれないことで回復が早くなる重粒子線治療などの先進医療に対応していないがん保険では、
 治療の選択ができません。抗がん剤への対応。術後、がんの再発・転移などを抑えるため抗がん剤の
 投与をするケースは多いのですが、この負担は大きく長期間にわたるケースも多くなっています。
・現在のがん保険を選ぶ場合は、診断・手術・入院の3点セットに加えて、通院、先進治療、
 抗がん剤治療への対応が不可欠です。
・女性特有のガンでは、後遺症に対する二次的な治療や再発への予防など長期にわたる治療が
 継続することがあります。こうした長期にわたる治療期間が子育ての時期と重なる可能性もあり、
 家事・育児をしながら向き合っていく必要がある場合もあります。
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved