大腸がんは、欧米食の高脂肪、高蛋白、低繊維成分の食事が強く関係する

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

日常生活を常に見直す努力を スポンサーリンク
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて体内に生じた障害と防衛反応
便秘・・・長い間腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる


サイト内の関連するページと広告

主要五大がん がん全般 (肺がん胃がん乳がん子宮がん、大腸がん)
大腸がん・・・・
概  要 ・大腸は消化吸収が行われた食べ物の最終処理をする消化管で、主に水分を吸収します。
 盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸に発生する悪性腫瘍。
・動物性脂肪や蛋白質の過剰摂取になり易い食事の欧米化で増加傾向です。
 直腸とS状結腸に多く発生します。罹患の頻度は男性、女性ともに同じで、60代が多い。
原  因 ・発生原因はまだわかっていませんが、大腸がんの発生は欧米食の特徴である高脂肪、高蛋白、
 低繊維成分の食事や、生活様式が強く関係している。
・大腸がんは大腸ポリープからと、直接粘膜からがんが発生するものがある。
・遺伝子学的解析では、多くの遺伝子の異常の蓄積によりがんが発生することがわかっています。
症  状 ・早期では、ほとんど自覚症状はなく、大腸がん検診や人間ドックなどの便潜血検査で見つかる。
・進行した大腸がんでは、腫瘍の大きさや存在部位で症状が違ってきます。
・右側大腸がんでは、症状があっても軽い腹痛や腹部の違和感などです。かなり大きくなってから
 腹部のしこりとして触れたり、原因不明の貧血の検査で発見されることもある。
・左側大腸がんでは、早期から血便がみられる。通過障害による腹痛、便が細くなる、残便感、便秘と
 下痢を繰り返す。治療しないと腸閉塞と呼ばれる状態になります。
・直腸がんでは左側大腸がんとほとんど同様の症状ですが肛門に近いために出血を痔と思われて
 放置されることもある。
 直腸がんでは膀胱や子宮に浸潤すると、排尿障害や血尿、腟から便が出たりするなどの症状がみられる。
検  査 ・早期に発見できればほぼ100%近く完治できる病気ですが、早期では症状がありません。
 早期に発見するには、便の免疫学的な潜血反応を調べます。陽性と出ても必ず大腸がんではなく、
 逆に進行した大腸がんがあっても陰性になることもある。
・排便時の出血や便通異常には、血液検査で貧血の有無、腹部のX線検査でガスの分布の状態を調べる。
 腹部の触診では腫瘤を触れることがあり、直腸がんでは肛門から指を入れて触るだけで診断できる。
・確定診断
 注腸検査・・・食事制限と下剤により大腸を空っぽにして、肛門から造影剤を入れて空気で大腸を
 ふくらましX線写真を撮る
 内視鏡検査・・・下剤で大腸を洗浄し肛門から内視鏡を挿入して直接大腸の内腔を観察する。
 直接大腸の内側を観察し、異常があれば一部を取って顕微鏡で悪性かどうかを調べる。
 ポリープやごく早期のがんであれば内視鏡で診断と治療を同時に行うことも可能。
 従来の内視鏡での治療が困難な早期のがんにも行えるようになっている。
・進行度によっては、周囲の臓器への広がりや肝臓やリンパ節への転移の有無を調べるために
 腹部の超音波やCT、MRI、超音波内視鏡検査を行うこともあります。

体はギリギリまで症状を現さない スポンサーリンク
高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
動脈硬化・・・血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態
心筋梗塞・・・冠動脈の動脈硬化により血管が閉塞する
脳卒中・・・脳血管障害の総称。脳梗塞、脳出血など
糖尿病性腎症・・・ネフローゼ症候群となり腎機能が徐々に悪化
糖尿病神経障害・・・足や手などの末梢神経の障害
糖尿病網膜症・・・失明の原因の第2位を占めている

大腸がん・・・・
治  療 ・治療の原則は、がんを切除することです。大腸の壁は内腔側より粘膜固有層、粘膜筋板、粘膜下層、
 固有筋層、漿膜となっています。
・がんが粘膜下層の浅いところまでであれば転移の心配はなく、内視鏡での治療が可能です。
 肛門に近いところにできた早期の直腸がんでは経肛門的手術を行います。
・リンパ節転移の可能性があり進行したがんでは手術をする。開腹し、腫瘍を含めた大腸の一部を
 切除してリンパ節を取り除き、残った腸を吻合する。
・腹腔鏡を用いた治療は、早期がん以外に隣接臓器に浸潤していない進行がんにも行われる。
・進行した直腸がんでは、肛門から離れている場合は、筋肉が温存できる低位前方切除術が行われ
 術後の性機能や排尿機能を温存するように必要最低限の手術が行われている。
・人工肛門が必要なマイルス法で手術。
 人工肛門もさまざまな装具が開発されており、普通に社会生活が送れるようになっています。
・がんが切除不能な場合には、抗がん薬を用いた化学療法、放射線療法、免疫療法などが行われる
予  防 ・早期に発見できれば、そのほとんどが内視鏡的に、または外科的に根治可能な病気です。
 早期の5年生存率は80%以上と極めてよく、進行がんでも浸潤とリンパ節転移の程度により予後が
 変わってきます。
・大腸がんは肝臓に転移しやすいのですが、肝臓を手術したり抗がん薬を注入したりして長期に
 生存することも可能です。
・40歳を過ぎたら、症状がないうちに大腸がんの検診を受ける。血便や便通異常などの症状がみられたら、
 すぐに専門医で検査を受ける。
ガン保険 ・現在のがん治療は、医療技術の発達もあり、治る率も高くなってきています。
 手術後の回復も早く、術後2週間程度で退院、その後は通院での治療というケースも増えています。
 通院での治療がメインとなると、この部分に対応していない保険では保障されないこととなります。
 体にメスをいれないことで回復が早くなる重粒子線治療などの先進医療に対応していないがん保険では、
 治療の選択ができません。抗がん剤への対応。術後、がんの再発・転移などを抑えるため抗がん剤の
 投与をするケースは多いのですが、この負担は大きく長期間にわたるケースも多くなっています。
・現在のがん保険を選ぶ場合は、診断・手術・入院の3点セットに加えて、通院、先進治療、
 抗がん剤治療への対応が不可欠です。
ハーブ ガジュツ・・・ピロリ菌の除菌、、胃・十ニ指腸潰瘍、消化器不全、ダイエット便秘、解毒
※がん予防に良いとされるハーブ
エキナセア・・・抗がん、治癒力強化、インフルエンザ、エイズ、ウイルス性肝炎ヘルペス
キャッツクロー・・・抗がん、ウイルス性肝炎肝機能障害リウマチ気管支喘息疲労回復
紫イペ・・・がん予防、糖尿病リウマチ、関節炎、各種疾患の痛み、アトピー貧血
桑黄・・・免疫力低下、がん予防、多汗症、更年期障害
霊芝・・・がん予防、免疫力強化自律神経失調症、循環機能改善、不眠、肝臓疾患、
カバノアナタケ・・・がん予防、インフルエンザ、エイズ、糖尿、病気予防、高血圧
アガリクス・・・がん予防、自律神経失調症 、生理不順、更年期障害アレルギー動脈硬化
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved