花粉症の予防や症状の改善に飲用を勧めるハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

年齢と共に少しずつ健康が損なわれていくことを知る スポンサーリンク
腰痛・・・一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる
肩こり・・・肩、肩甲部など筋肉の緊張を中心とする不快感
骨粗鬆症・・・骨量の減少と骨組織の微細構造に脆弱性が生じる
痛風・・・高尿酸血症状態で、起こる急性の関節炎
ニキビ・・・毛嚢・脂腺系の慢性炎症を生じる皮膚病
前立腺肥大症・・・男性生殖器官の前立腺内側が腫大する病気
アトピー・・・湿疹を伴ない、アレルギー反応と関連がある

  サイト内の関連するページと広告

花粉症〔hay fever、pollen allergy、pollen disease〕・・・・・① 
名 称 ・くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどはアレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)の症状であり、
 花粉の飛散期に一致して症状がおこるため、季節性アレルギー性鼻炎
 (対:通年性アレルギー性鼻炎)に分類され、その代表的なものとなっている。
・目の痒みや流涙などはアレルギー性結膜炎の症状であり、鼻炎同様に
 季節性アレルギー性結膜炎に分類される。広義には花粉によるアレルギー症状全てを
 指すこともあるが、一般的には上記のように鼻および目症状を主訴とするものを
 一般的に呼ぶことがある
概 要 ・植物の花粉が、鼻や目などの粘膜に接触することによって引き起こされ、
 発作性反復性のくしゃみ、鼻水鼻詰まり、目のかゆみなどの一連の症状が特徴的な
 症候群のことである。枯草熱とも言われる。
発 症 ・突然に花粉症が発症したように思えても、それまで体内では発症のための
 準備が着々と進んでいる。
・このことを理解しやすくするため、一般にアレルギーコップという例えがよく用いられる。
 すなわち、体内のコップに長期間かけて一定レベルの発症原因がたまり、
 それがあふれると突然に発症するというものである。
 感作が一旦、成立すると、原則的に花粉症の自然治癒は困難である。
 病原菌などに対する免疫と同様、〔花粉は異物である〕との情報が記憶されるためである。
ハーブ エルダー・・・花粉症、インフルエンザ、風邪、カタル副鼻腔炎、発熱性疾患、
甜茶・・・花粉症、鼻炎、気管支喘息アレルギー、健胃整腸、解熱、アトピー
ネトル・・・花粉症アレルギー貧血ニキビアトピー不眠症、鼻炎
紅富貴・・・花粉症〔鼻水、くしゃみ、目の痒み〕、鼻炎、アレルギー、アトピー便秘
ルイボス・・・アレルギー、花粉症、喘息冷え性、老化防止、口内炎、肌荒れ
シソ・・・アトピー気管支喘息、鼻炎、病気予防、風邪、インフルエンザ便秘

美用と健康を追求することは、生活を豊にする スポンサーリンク
アロマセラピー・・・精神的な癒し、安心、心の安定
美白美肌・・・女性の美の基本となるお肌の健康
エステティック・・・痩身や脱毛、美白などの全身美容術
豊胸(バストアップ)・美乳・・・バストが悩みの女性は多い
プラセンタ・・・美白などお肌にとっての大切な栄養素
ポリフェノール・・・植物に含有され、約5000 種以上ある
エストロゲン・・・女性の健康・美容・生活に必要なホルモン

花粉症〔hay fever、pollen allergy、pollen disease〕・・・②
原  因1 ・IgE免疫の存在
 人間には、原始の時代にほ乳類として始まったばかりの時からある、細菌
 ウイルス、カビなどへ細胞免疫と、IgE免疫と呼ばれるダニ、寄生虫などに対抗するために
 獲得した免疫があるといいます。
 アレルギーは、このIgE免疫が暴走してしまった結果生じたものになるのです。
 近年先進国ではホコリや汚れがないクリーンな環境下で生活するようになったため、
 本来寄生虫や吸血ダニなどに対抗するために登場するIgE免疫の出番がなくなり、
 その機能が思わぬ方向へ向けられたのが原因。
 決して、IgE免疫は悪玉ではなく、IgE免疫がないとこういった寄生虫などに
 対抗することができないのです。
・IgE免疫の発生を抑える環境
 では、IgE免疫を最小限に抑えつつ、古来の細胞免疫を増やすには
 どうしたらいいのでしょうか。その答えは、日本古来の生活やモンゴルの遊牧民、
 アマゾンの人々の生活に隠されていました。
 日本では、昭和30年台にかけて生まれた世代から劇的にアレルギーが
 急上昇しているといいます。ここにはある生活習慣の変化が原因としてあったのです。
 その原因の一つが家畜です。それまでの日本では、家畜が盛んに行われ家の中でも
 家畜と共に生活する、そして家畜に触れながら生活をしてきました。
 家畜では必ず発生するのがフンです。このフンの中から「エンドトキシン」と
 呼ばれる物質が大量に発生します。エンドトキシンは大腸菌など細菌の壁の成分で、
 それらの細菌が死んだ際に大量に放出されます。そのエンドトキシンに
 触れることによって、人間は古来の細胞免疫を獲得してきたのです。細胞免疫が
 増えた分、IgE免疫の数は抑えられ、その結果としてアレルギーの発生は抑えられるのです。
・高度経済成長と共に人糞肥料の中止、水洗トイレの普及や道路の舗装化など
 多くの要因が有ります。これは、成人よりもさらに赤ちゃんの頃からエンドトキシンに
 触れるとさらに効果は高まります。赤ちゃんには未分化な細胞が多く存在するため、
 IgE免疫と細胞免疫のどちらかを獲得するかは、1歳までに決まる。エンドトキシンに
 多く接触したした子供は、細胞免疫の比率が多くなる。
 するとぜんそく、アトピーなどの発症率が半分~1/5にまで下がるという
 研究結果も出ています。
・家族の中でもアレルギー発生率は違う
 家畜だけでなく、家族の中でも1人目の子供よりも2人目、3人目と下の子供になるにつれ、
 アレルギーの発生率は下がるという研究結果も出ています。
 これは、上の子供が外から持ち込んだ様々な細菌に、下の子供が小さい頃から接触すると、
 そのような結果が出ているとしているのです。

広告

花粉症〔hay fever、pollen allergy、pollen disease〕・・・③
原  因2  一度、IgE免疫と古来の細胞免疫とのバランスが決まってしまうとなかなか変えることが
 厳しいということから、今の時代の人々にはどうすることもできないように思えますが、
 その解決法も明らかになってくることを願ってやみません。文明という素晴らしい道具を
 手に入れた自分たちは引き替えにアレルギーという代償を今払っているのです。
・人類の発展に免疫機能が追いつかない
 IgE免疫は、必要な機能ですが現代社会では、あまり必要ではなくなっているのですが、
 人が約9000万年前に獲得した機能を、わずか40年位の期間で変えられることは
 不可能です。
・衛生的環境とは、何かをしっかり確認する
 本当に賢い親たちは直感的にそれを知っており、ある程度子供を突き放して、
 抗生物質もできるだけ使わないで成長を見守ってきたのですが、無知な医者たちと、
 清潔環境をうまく利用する業者たちや薬品会社のために、過剰なまでに抗菌が
 大手をふってまかり通ったのです。
 過剰な清潔環境も問題ですが、だからと言って不潔な生活環境も考えなければなりません。
 自分自身や家族にとってどのような環境で生活するのが良いのか話あって下さい。
・IgE抗体がなぜアレルギーに関与しているかというと、IgEに属する抗体は、人間の組織の
 肥満細胞(マスト細胞)(太るを意味する肥満ではありません)とくっつく性質があります。
 IgEは抗原と結合しなくても肥満細胞にくっつくことができるので、抗原と未反応の
 IgE抗体は肥満細胞に結合しています。そしてその状態で、抗原が入ってくると、
 その抗原に肥満細胞とくっついているIgE抗体が結合して、それが刺激となり
 肥満細胞から、ヒスタミン、ロイコトリエン、血小板活性化因子などの化学物質が
 放出されます。そしてこれらの化学物質が、アレルギー、蕁麻疹、気管支喘息などの
 アレルギー反応をひき起こします。
・IgE抗体の役割
 ダニ、寄生虫は、吸血する時に血液を固まりににくくする物質を体内に注入する。
 この物質が抗原になる。肥満細胞が放出するヒスタミン(痒み。炎症の主な原因物資)を
 ダニ、寄生虫が血液と一緒に吸引するとショック死したり、吸引を止めたり、
 逃げ出したりする。つまり、蚊に刺されて痒い状態が鼻と目で続けて起きている状態が
 花粉症の症状です。
 IgE抗体は、細菌、ウイルス、カビなど以外の免疫を担当している大切な機能です。
 花粉がダニ、寄生虫の出す物質に似ていたのが問題の原因でも有ります。
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】


著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved