無農薬栽培の表記は、農薬取締法にて禁止されているので違法

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

食の安全は、自分の知識で確かめる スポンサーリンク
無農薬栽培・・・無農薬の考え方や正しい知識を身に付ける
残留農薬・・・正確な情報が安全な食生活に必要
有機農法(オーガニック栽培)・・・法律の規制と現状を知る
ポジティブリスト制度・・・輸入農産物の残留農薬の法律
ポリフェノール・・・植物に含有され、5000 種以上ある
カロテン・・・緑黄色野菜に豊富に多く含まれている
葉酸・・・赤ちゃんの健全な発育や血液を造る働きをしている

  サイト内の関連するページと広告

無農薬栽培について・・・・・① 
表 記 ・【無農薬栽培】・・・表記は、農薬取締法にて禁止されているので違法となる。
経 緯 ・農薬や化学肥料を本格的に使用しだしたのは戦後である。
 それ以前の農業はすべて無農薬栽培であった。しかしながら、病害虫の発生などで年によって収穫に
 大きな増減があり、生活を維持するための収穫量を確保するには農薬・化学肥料が必要とされた。
・農薬を使用することで安定した収穫と除草などの手間の削減が可能になり、化学肥料の使用とともに
 一般的になった。それに伴って使用する者や農産物を食する人体、周辺の環境に対して有害である
 ことが判明してきて、過度の農薬の使用や危険な農薬を使用した食品の流通などが社会問題化した。
理  由 ・戦後から多量に使用された農薬が土壌に残留しており、厄介なことに非常に分解されにくい物質なので
 農薬を使用していないにも関わらず農作物から残留農薬が極めて微量ですが検出される。
 つまり、農薬を使用していないのに無農薬ではなくなる矛盾が生じてきます。
・無農薬を表記して農産物の価格を不当に高くして販売する業者や、農薬使用を確認せず安易に
 無農薬・オーガニック栽培と表記して販売する店舗が増加したことなども要因と考えられる。
・無農薬栽培、無農薬、農薬不使用、農薬を使わない、等の表現も違法となる。
制  度 平成4年10月1日有機農産物及び特別栽培農産物に係る表示ガイドラインが制定
改正平成8年12月26日8食流第4567号
改正平成9年12月25日9食流第4194号
改正平成13年4月1日12総合第1331号
改正平成15年5月26日15総合第950号
第1 適用の範囲
・このガイドラインは、農産物(野菜及び果実(加工したものを除く。)並びに穀類、豆類、茶等で
 乾燥調製したものをいう。)であって、不特定多数の消費者に販売されるものに適用するものとする。
第2 生産の原則
・第1の範囲内において、このガイドラインに基づく表示を行う農産物は、農業の自然循環機能の
 維持増進を図るため、化学合成された農薬及び肥料の使用を低減することを基本として、
 土壌の性質に由来する農地の生産力を発揮させるとともに、農業生産に由来する環境への負荷を
 できる限り低減した栽培方法を採用して生産することを原則とする。
第3 定義
・このガイドラインにおいて、次の表の左欄に掲げる用語の定義は、それぞれ同表の右欄に掲げる
 とおりとする。
用語定義
・特別栽培農産物第2の生産の原則に基づくとともに、次の1及び2の要件を満たす栽培方法により
 生産された農産物をいう。
・1 当該農産物の生産過程等における化学合成農薬の使用回数が、当該農産物の栽培地が属する
 地域の同作期において当該農産物について慣行的に行われている使用回数(土壌消毒剤、除草剤等の
 使用回数を含む。)の5割以下であること。
2 当該農産物の生産過程等において使用される化学肥料の窒素成分量が、当該農産物の栽培地が
 属する地域の同作期において当該農産物について慣行的に使用される化学肥料の窒素成分量の
 5割以下であること。
・特別栽培米特別栽培農産物のうち、とう精された米をいう。
・生産過程等当該農産物の生産過程(当該農産物の生産者による種子、種苗及び収穫物の調製を含む。
 以下同じ。)及び前作の収穫後から当該農産物の作付けまでの期間のほ場管理をいう。

体調管理が美容と健康につながる スポンサーリンク
アルカロイド・・・薬用植物に含まれ医薬品品に利用する
アドレナリン・・・気管支喘息発作時の気管支拡張薬。
アミグダミン・・・サクラ属植物の未熟果実の種子に含まれる
エストロゲン・・・女性の健康・美容に深くつながるホルモン
カロテン・・・緑黄色野菜に豊富に多く含まれている
プラセンタ・・・美白などお肌にとっての大切な栄養素
ポリフェノール・・・植物に含有され、その数は5000 種以上ある

無農薬栽培について・・・・・② 
表 記 ・【無農薬栽培】・・・表記は、農薬取締法にて禁止されているので違法となる。
罰 則 ・「無農薬」と違反表示したことによる直接の罰則はありません。
 しかしその表示が実態とかけ離れていると判断された場合(「農薬」を
 使用しているのに無農薬と表示している等)、JAS法違反に問われ
 懲役1年以下若しくは罰金100万円以下(個人の場合)に処される
 可能性があります
甜茶
現  状 ・法律違反とは知らないヒトが大多数と思われます。
 多くの流通販売先で、【無農薬やオーガニック栽培】の表記は見かけますし、
 無農薬を商品価値を高める道具にしている事例を見かけます。
 販売者の道徳・倫理観の欠如も問題ですが、消費者の無関心もこれらの問題の
 難しさを表している。
・食の安全は人任せではなく自分で理解し納得してから口にすることを考えて欲しいと
 痛切に感じます。
・地球全体が農薬まみれになった時期がありました。現在も残留性が強く分解しにくい
 農薬が後進国では使用されているのです。
 DDTは過去の農薬と思われていますが今でもアフリカ諸国ではマラリヤ駆除の為に
 使用されています。
考  察 ・農薬は人々の食生活にとって必要のないものでしょうか。
 ヒトは病気になれば治療のため薬を使用します。農作物も同じ様に病気になりますが
 薬(農薬)を使用しないと枯れたり、不健康の状態で育ちます。
 見た目が綺麗でも、ウイルス、細菌、ダニ、センチュウなどの有害昆虫が混入、
 付着した農産物を口にできますか。適切な薬(農薬)を使用して健全な農産物を
 食べる方が良いと思われます。
・畜産では、病気に対して適切に医薬品を使用しておりますが、どうして農産物の農薬使用に
 過敏になるのでしょうか。
・日頃多くの添加物(化学合成剤)が使用されているインスタント食品を摂取しているにも関わらず、
 農産物だけは、厳しい判断をしている現状は異様に見える。
注 意 ・輸入農産物の残留農薬問題で、外国産特に中国の農産物は農薬が使用されていて
 国産は安全だと思われているヒトが多いことも問題の本質を理解していないからでしょう。
 ポジティブリスト制度を参照

広告

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserve