脂質異常症(高脂血症)の予防と症状緩和に飲用するハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

日常生活を常に見直す努力を スポンサーリンク
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて生じた障害と防衛反応
便秘・・・腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる

サイト内の関連するページと広告

脂質異常症(高脂血症)・・・・・
名  前 ・高脂血症という病名は不適切ではないかと言われていた。日本動脈硬化学会では2007年から
 低HDLコレステロール血症を含めた血中脂質の異常を、脂質異常症と変更しました。
概  要 ・LDL(低比重リポ蛋白)は血管壁に取り込まれて蓄積し動脈硬化を起こすので、LDLコレステロールを
 悪玉コレステロールと呼びます。
・HDL(高比重リポ蛋白)は血管や組織に蓄積したコレステロールを引き抜いて運ぶリポ蛋白なので、
 HDLコレステロールを善玉コレステロールと呼んでいます。
・血中のLDLコレステロールやトリグリセリドが増加すると動脈硬化が起こりやすくなります。
 家族性高脂血症では狭心症や心筋梗塞を起こす危険が非常に高くなる。
・HDLコレステロールは少ないほうが動脈硬化を起こしやすくなります。
原  因 ・一般には、高カロリー高脂肪の食事と運動不足などの生活習慣が一番多い原因です。
 遺伝性の脂質異常症である家族性高コレステロール血症は、日本人では500人に1人の高い頻度で
 みられる遺伝性の疾患です。他にも家族性複合型高脂血症、家族性III型高脂血症などの
 遺伝性高脂血症があります。
症  状 ・多くの場合、無症状なので、血液検査で初めてわかることが多い。家族性高コレステロール血症では
 アキレス腱肥厚、腱黄色腫(手の甲、肘、膝の腱にできる硬い盛り上がり)、眼瞼黄色腫(まぶたにできる
 黄色い斑点状の盛り上がり)、角膜輪(黒目の周囲にできる白い輪)がみられることがあります。
・アキレス腱肥厚は最も多くみられる症状で、アキレス腱の厚みが1cm以上あって血中コレステロール値
 の高い場合は、家族性高コレステロール血症である可能性が高いと考えられます。
・家族性III型高脂血症では、腱黄色腫や手掌線状黄色腫(手筋が黄色く盛り上がる)ができます。
診  断 ・血液検査で血中のコレステロール、トリグリセリド、HDLコレステロールの値を測定します。
 朝食前の空腹時に採血します。悪玉と呼ばれるLDLコレステロールの値はこれらから計算することも
 できますが、直接、測定する方法もあります。

体はギリギリまで症状を現さない スポンサーリンク
高血圧・・・最高血圧140mmHg以上、最低血圧90mmHg以上
動脈硬化・・・血管が狭くなり、血液の流れが滞る状態
心筋梗塞・・・冠動脈の動脈硬化により血管が閉塞する
脳卒中・・・脳血管障害の総称。脳梗塞、脳出血など
糖尿病性腎症・・・ネフローゼ症候群となり腎機能が徐々に悪化
糖尿病神経障害・・・足や手などの末梢神経の障害
糖尿病網膜症・・・失明の原因の第2位を占めている

脂質異常症(高脂血症)・・・・・
治  療 ・脂質異常症を治療は、動脈硬化の予防なので、禁煙など、脂質異常症以外の動脈硬化危険因子の
 治療を同時に行うことが重要です。治療の目標値も他の危険因子をいくつもっているかにより異なります
 脂質異常症の原因の多くは生活習慣なので、その改善が第一です。
・食事療法は血清脂質の是正とともに冠動脈硬化の危険因子である糖尿病高血圧肥満の治療も
 目的とする。第一段階では、総エネルギーとともに栄養素配分を適正化します。
 食事療法で改善できない場合は、より厳しい食事療法を行う必要があるので、医師や栄養士に相談する。
・適正体重の維持(体重kg(身長m)の2乗=22を標準とする)、身体活動の増加(速歩、ジョギング、
 水泳、サイクリングなどを1日30~60分、週3回以上)も重要です。
・生活習慣の是正を3~6カ月続けても目標値に達しない場合は薬物療法を行う。
 家族性高脂血症は、早くから薬物療法を行う必要があります。
・脂質異常症治療薬(高脂血症薬)には、種類がありますが、高コレステロール血症にはHMG‐CoA
 還元酵素阻害薬(スタチン)が最も多く使われています。この薬は、コレステロールの合成を抑制する。
 その他にもコレステロールの吸収阻害薬やレジンと呼ばれる陰イオン交換樹脂やプロブコール、
 ニコチン酸誘導体も使われます。
・高トリグリセリド血症にはフィブラート系薬物のベザフィブラートやフェノフィブラートが有効です。
 EPA(エイコサペント酸エチル)は、トリグリセリドを下げる薬ですが、血管に直接はたらいて
 抗動脈硬化作用を示すともいわれています。
 これらの薬はいずれも副作用は比較的少ないものですが、まれに筋肉や肝臓の障害などを起こすことが
 あるので、医師の指示に従ってきちんと服用してください。
予  防 ・脂質異常症は、動脈硬化の予防が目的です。無症状であっても正しい治療が必要なので、
 自己判断せずに医療機関に相談してください。一般内科あるいは内分泌・代謝科が担当の診療科です。
ハーブ プーアル茶・・・ダイエット便秘高血圧痛風動脈硬化生活習慣病、脂質異常症(高脂血症)、
凍頂烏龍茶・・・脂質異常症(高脂血症)、ダイエット痛風便秘花粉症生活習慣病予防
イチョウ・・・脳卒中(脳血管障害)、脂質異常症(高脂血症)、加齢黄斑変性糖尿病網膜症
田七人参・・・動脈硬化肝臓機能障害、脂質異常症(高脂血症)、十二指腸潰瘍子宮内膜症
プエラリア・・・生理前症候群(PMS)生理痛(月経困難症)、更年期障害骨粗鬆症、脂質異常症(高脂血症)
月見草・・・生理前症候群(PMS)更年期障害、脂質異常症(高脂血症)、美肌、アトピー
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

広告

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved