ストレスの予防と症状の緩和に飲用を勧めるハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

日常生活を常に見直す努力を スポンサーリンク
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて生じた障害と防衛反応
便秘・・・腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる

 サイト内の関連するページと広告

ストレス(Stress)・・・・・① 
名  前 ・「物体に圧力を加えることで生じる歪み」を意味する物理学の言葉でしたが、
 1936年にカナダの生理学者のハンス・セリエ(H.Selye)が、ネイチャー誌に「ストレス学説」を
 発表したことから多くは生理学的な意味で用いられるようになりました。
・精神的や肉体的に負担となる刺激が加えられて反応することによって引き起こされる
 生体機能の変化を意味しました。
概  要 ・体外から加えられた有害な原因にて体内に生じた障害と、防衛反応の総和。
 体に悪い結果となる現象すべてが、ストレスとなる。
・人間の身体に対して、刺激となるあらゆる事物が原因になりうる。大別すると、
 おおよそ4つに分けられる。
①物理的刺激・・・寒冷、暑熱、騒音などがあり
②化学的刺激・・・お酒やたばこなど
③生物学的刺激・・・細菌やウイルス感染
④心理・社会学的刺激・・・社会生活、人間間系など心身の消耗
原  因 ・こころや体は、脳が中心となって情動、内分泌、自律神経、免疫、運動、記憶、を調節する。
 生体が原因にさらされると、これらが影響を受ける。
・原因の情報は脳に送られ、脳が獲得した経験、記憶、学習、さらに本能まで動員して、回避行動や
 体の防御反応など、さまざまな対応で影響を和らげる。
・ストレスの大きさは、受け取る側の状態によっても変わる。
 原因が、生体の適応力を超えるほど強力だと、心身に何らかの異常が起こる。
 逆に遺伝、経験、環境、生体の防御機構など生体側の機能が勝れば、心身への影響は抑えらる。
 同じ原因でも、病気になる人とならない人がいるのはこれらの違いによる。
・精神面では、感情の揺れすべてが原因になる。怒ったり、悲しんだりといった負の感情や、
 喜ぶ、楽しむといった一見直結しないと思われる感情も、原因になる。
・原因よる刺激は、大脳から視床下部、自律神経系、内分泌系、免疫系へと伝わる。
 原因が生体に対して過剰の場合、かぜなどの感染症にかかりやすくなり、胃・十二指腸潰瘍、
 高血圧、狭心症、気管支喘息、過換気症候群、頭痛、自律神経失調症、めまいなど、
 身体のさまざまな部位に障害が起こる。

わずかな体の変化を見過ごしにしない スポンサーリンク
滋養強壮・・・栄養補給と健康的にして、強い体を作る
薄毛・・・びまん性脱毛症とは、女性にみられる脱毛症のこと
貧血・・・赤血球数の低下、ヘモグロビンの値が低下した状態。
鬱症状・・・気分障害の一種、不眠などを特徴とする精神疾患
片頭痛・・・明らかな脳の病変を伴わない頭痛
生活習慣病・・・健康で長生きするには予防が大切になります
悪性腫瘍(がん)・・・5大がん(肺・胃・大腸・子宮・乳)

ストレス・・・・・② 
現  状 ・最近1カ月間の日常生活における不満、悩み、苦労、ストレスの程度(2000年保健福祉動向調査)
 「大いにある」12%、「多少ある」42%、「あまりない」25%、「まったくない」17%
・「大いにある」とする人の割合は、男性11%、女性13%
・ストレスが「まったくない」とする人の割合は男性20%、女性14%
・ストレスがある人の内容をみると、「仕事上のこと」31%が最も多く、「自分の健康・病気・介護」
 「収入・家計」「職場や学校での人付き合い」の順番です。。
・性別でみると、男性は「仕事上のこと」が41%と際立って多く、
 女性は「自分の健康・病気・介護」「収入・家計」が25%を超える。
・年齢階級別にみると、24歳以下では、男女とも「職場や学校での人付き合い」が最も多い。
 男性は、25~64歳までは「仕事上のこと」、65歳以上では「自分の健康・病気・介護」が最も多い。
 女性では、25~54歳までは「収入・家計」、55歳以上では「自分の健康・病気・介護」が最も多い。
社会生活 ・最近のOA化などの技術革新も、ストレスを増強させる要因となる。
 コンピュータを長時間扱うと、眼の疲れ、肩こりなどの身体的ストレスを高める。
 OA化のテンポについていけない不安感、常時機械に対面しているための
 対人間的関係に対する枯渇感など、新たな心理的ストレスを増える。
・勤務時間が変則的な夜勤や交代制勤務、単身赴任、遠隔地転勤、海外勤務により、ストレスは
 増える。精神的緊張を伴う業務は、大きな原因になる。
予  防 ・ストレスの対処方法
 原因そのものを除去、あるいは軽減する。運動をしたりして忘れる。
 原因に対する考え方を転換する。ダメな点を忘れ、うまくいってる点に注意を向ける。
 ストレス反応を軽減、沈静化する手段をとる。音楽鑑賞、いいにおいをかぐなど
 ストレス過多から精神疾患に陥らないよう、普段から予防し、不調ときは早めの対処が大切です。
 睡眠は1日5時間以上とるようにする。4時間未満の睡眠だと精神障害の発症率が急激に高くなる。
ハーブ パッションフラワー・・・神経緊張、精神不安ストレス性高血圧、気管支喘息自律神経失調症
バレリアン・・・不眠症、ヒステリー、ストレス、不安、痙攣、偏頭痛自律神経失調症
弟切草(セントジョンズワート)・・・ストレス、鬱症状更年期生理前緊張症〔PMS〕、坐骨神経痛
フィーバーフュー・・・片頭痛、頭痛、ストレス、関節炎、生理痛(月経困難症)、自律神経失調症脱毛予防
レモンバーベナ・・・ストレス、神経緊張、軽い鬱不眠症片頭痛、吐き気、気管支炎
ネトル・・・花粉症、ストレス、アレルギー貧血糖尿病リウマチ痛風前立腺肥大症気管支喘息
フランス海岸松・・・ストレス、動脈硬化脳血管障害虚血性心疾患生活習慣病糖尿病網膜症
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

広告

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved