糖尿病の予防と症状軽減に使用するハーブティー

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

食事は健康に基本です スポンサーリンク
脂質異常症・・・・高脂血症と呼ばれる血中脂質の異常
痛風・・・高尿酸血症状態で、起こる急性の関節炎
糖尿病・・・慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です
糖尿病網膜症・・・黄斑症や増殖網膜症に至ると失明する
糖尿病性神経障害・・・神経が部分的に死滅することが原因
糖尿病性腎症・・・腎不全疾患の原因の第1位です
肩こり・・・肩、肩甲部など筋肉の緊張を中心とする不快感


サイト内の関連するページと広告

糖尿病 Diabetes mellitus(ダイアビーティス メリタス)・・・・・
語 源 ・ギリシャ語の、Diabetes(尿が常に出る)、Melllitus(蜜のように甘い)が語源で、
 蜜のように甘い尿が常に出るという意味。
概  要 ・糖尿病はインスリン作用の不足に基づく慢性の高血糖状態を来す代謝疾患です。
 ヒトの空腹時の血糖値は110mgdl以下であり、食後血糖値が上昇しても、膵臓からインスリンが分泌され
 2時間もすると元に戻ります。インスリンが減少すると食後の血糖値が上昇し、空腹時の血糖値も高くなる。
原  因 ・糖尿病の分類
・Ⅰ型糖尿病
 自己免疫異常により、インスリンを合成する膵β細胞が破壊され、インスリンが絶対的に欠乏し、
 高血糖になる。遺伝様式は不明ですが8~12歳の思春期に発症が多くなりますが、幼児や、
 最近では成人にも発症がみられます。日本の有病率は1万人に約1人です。
・Ⅱ型糖尿病
 インスリン分泌の低下によって骨格筋などでの糖の利用が悪くなり高血糖になる
 Ⅱ型糖尿病は多因子遺伝が関係する。日本では50歳以上の人の約10%がⅡ型糖尿病です。
・その他の疾患に伴う糖尿病
 遺伝子異常
  糖尿病(MODY、ミトコンドリア糖尿病)
 内分泌疾患
  糖質ステロイドが過剰になるクッシング病、クッシンング症候群、
  成長ホルモンが過剰になる先端巨大症、
  副腎髄質の腫瘍からカテコラミンが過剰に分泌される褐色細胞腫など。
 膵疾患
 アルコールの過剰摂取などで膵炎を発症。膵臓機能が低下しインスリンの分泌がなくなり結果的には
 1型糖尿病と同じ様になる。
 肝疾患、ステロイド薬服用
・妊娠糖尿病(GDM)
 妊娠中には女性ホルモンなどの影響で糖代謝機能が悪化し、糖尿病になることがあります。
 多くは出産後、正常に戻りますが、妊娠糖尿病になった女性は将来糖尿病を発症しやすいので、
 注意が必要です。

日常生活を常に見直す努力を スポンサーリンク
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて生じた障害と防衛反応
便秘・・・腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる

糖尿病 Diabetes mellitus(ダイアビーティス メリタス)
  症  状 ・Ⅰ型糖尿病は急激に発症し、数日間から数時間で多尿, 嘔吐,腹痛などの症状が現れ,進行すると
 昏睡や意識障害をきたし、死亡する場合もある。しかし、ゆっくりと進行する1型糖尿病もあります。
・高血糖では、口渇、多飲、多尿、多食、体重減少、体力低下、疲労感、免疫低下などで診断する。
 ケトアシドーシスは、著しい口渇、多尿、体重減少、倦怠感、意識障害などのほかに、悪心・嘔吐、
 腹痛が特徴的です。呼吸は深くゆっくりしたクスマール呼吸となり、甘酸っぱいアセトン臭があり、
 最終的には昏睡となる。
・高血糖高浸透圧症候群では、著しい口渇、倦怠感を訴え、著しい脱水、ショックのほか、神経症状、
 躁症状、振戦など)などがみられ、最終的には昏睡となる。
ハーブ タラ木・・・糖尿病、血糖降下、腎臓機能低下、神経痛、リウマチ高血圧胃潰瘍
バナバ・・・糖尿病、高血圧ダイエット便秘、血糖値降下、血圧降下
ギムネマ・・・脂肪燃焼促進によるダイエット便秘、利尿、生活習慣病、糖尿病
桑葉・・・糖尿病、高血圧気管支炎インフルエンザ、頭痛、鼻血、眼精疲労便秘リウマチ
サラシア・・・糖尿病、ダイエット動脈硬化、内臓脂肪減少、メタボリック、サラサラ血、便秘生活習慣病
グァバ・・・糖尿病、血糖降下、高血圧花粉症、鼻炎、アトピー口内炎、下痢
ビルベリー・・・糖尿病〔葉〕、浮腫貧血、下痢、赤痢、吐き気、神経過敏症、インシスリン生産増進
アーティチョーク・・・便秘糖尿病肝臓機能障害過敏性腸症候群生活習慣病動脈硬化
診  断
・糖尿病の診断基準
 ①空腹時血糖値が126mgdl以上、
 ②75gブドウ糖負荷試験(OGTT)2時間値が200mgdl以上、
 ③随時血糖値(来院時に任意の条件下で測定された血糖値)が200mgdl以上、
 ④HbA1Cが6.5%以上(日本の測定値では6.1%以上)
 上記により糖尿病型と判定します。再検査を行い、再度確認されれば糖尿病と診断します。
・下記のいずれかの条件が満たされた場合は、1回だけの検査でも糖尿病と診断できます
 糖尿病の典型的症状(口渇、多飲、多尿、体重減少)の存在
 確実な糖尿病網膜症の存在
・糖尿病の治療に必要な検査
・血糖値
 空腹時血糖は10時間以上絶食したあとの血糖で、食後血糖値は食事開始後の血糖であり、
 食後何時間かを覚えておく必要がある。
・グリコヘモグロビン(HbA1C)
 赤血球中のヘモグロビン(Hb)にブドウ糖が非酵素的に結合したもの。
 赤血球の寿命が120日であることから、HbA1Cは少なくとも過去1~2カ月の平均血糖値を反映。
 日本のHbA1Cの測定値(JDS)での正常値は4・3~5・8%です。
・尿検査
 尿糖、尿蛋白、尿潜血、また糖尿病腎症が疑われる場合には、尿中アルブミン排泄量を年に
 数回測定することがすすめられます。
・眼底検査
 糖尿病網膜症の有無を検査するため、眼底を無散瞳眼底カメラにより撮影したり、眼科医による
 チェックが必要です。
・神経学的検査
 糖尿病神経障害は、膝蓋腱反射やアキレス腱反射の有無を検査したり、温痛覚・触覚・振動覚の
 検査が必要。
・その他の検査
 高血圧や脂質異常症を合併症の予防
  血圧や総コレステロール、中性脂肪、HDL‐コレステロール(善玉)の血中脂質濃度の検査が必要です。
 脂肪肝・・・肝機能検査 
 糖尿病腎症(腎機能障害)・・・血清クレアチニンや尿素窒素や尿酸などの検査が必要。
治  療 ・Ⅰ型糖尿病
 生涯にわたるインスリン治療が必要。
・Ⅱ型糖尿病
 過食や肥満、運動不足などの生活習慣を規則正しくする。
 食事療法や運動療法で改善することで血糖値は低下します。
 食事療法や運動療法で不十分な場合、インスリン分泌を刺激する薬剤やインスリン抵抗性を改善する
 薬剤、ブドウ糖の吸収を遅らせる薬剤が必要になる。
購入資料 ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved