女性薄毛のびまん性脱毛症の予防や症状緩和に飲用するハーブティー

広告

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

わずかな体の変化を見過ごしにしない スポンサーリンク
滋養強壮・・・栄養補給と健康的にして、強い体を作る
薄毛・・・びまん性脱毛症とは、女性にみられる脱毛症のこと
貧血・・・赤血球数の低下、ヘモグロビンの値が低下した状態。
鬱症状・・・気分障害の一種、不眠などを特徴とする精神疾患
片頭痛・・・明らかな脳の病変を伴わない頭痛
生活習慣病・・・健康で長生きするには予防が大切になります
悪性腫瘍(がん)・・・5大がん(肺・胃・大腸・子宮・乳)

  サイト内の関連するページと広告

女性の薄毛 (びまん性脱毛症)・・・・・
概  要 ・びまん性脱毛症とは、女性にみられる脱毛症のことで局所的な脱毛ではなく、髪が細くなり頭髪全体が
 薄くなることをいいます。
 特に中年以降の女性に多く見られる脱毛症で女性型脱毛症ともいわれており、育毛剤などが効きにくい
 傾向にあります。
原  因 ・女性の薄毛の原因はさまざまですが、加齢現象・男性ホルモン・ストレス・副腎皮質ホルモンの減少
 などが挙げられます。これらが重なって症状が現れる場合もあります。
 女性はホルモンバランスの変化による脱毛も多いので、その度合いや進行速度も個人個人で違います
・加齢・・・髪の密度は20歳がピークといわれ、太さは35歳頃までです。その後は密度・太さともに
 衰えていき、40歳前後から、だんだん髪のハリやコシがなくなり、白髪や薄毛、抜け毛など、
 さまざまな形で髪の加齢変化が起こります。
ストレス・・・家庭内の問題に加え、近年の社会不安、仕事や人間関係などのストレスが身体の変調を
 引き起こす原因になります。これらが髪や頭皮に影響します。薄毛に対する過剰な反応も、悩みを
 大きくし長引かせる原因になる場合があります。
・ホルモンバランス・・・女性ホルモンのバランスの崩れが一因だといわれています。
 遺伝的要素を含め様々なものが原因として関与していますが、タバコや睡眠不足は禁物。
 過激なダイエットによる栄養不足もホルモンバランスを乱す要因になります
・出産ごの体調変化・・・妊娠中は赤ちゃんを育てるため、女性ホルモンの分泌が盛んになり、
  髪の成長期が続くため妊娠していないときより自然な脱毛が減ります。出産後に、女性ホルモン
  分泌量が通常量に戻るため、これまで長い間成長期だった毛が一気に休止期を迎えます。
  これにより一時期に抜け毛が多くなる方がおりますが、通常は半年~1年で元に戻ります。
  治療 ・バランスのよい食事と生活習慣を規則正しく変えることで改善に向かいやすいのが特徴です。
・育毛剤などを使用することが、改善を目指すことも一つの方法です
・薄毛治療の為に予防シャンプーなど洗髪剤は、、自分に合っているのか確認してください。
 細い産毛が落ちるのは、頭皮や毛根にトラブルを抱えてい可能性がある。
・女性の場合は、一般的な皮膚科ではなく、頭髪治療専門で薄毛の原因を詳しく調べてアドバイスを受け
 薄毛治療を行う。
ハーブ フィーバーフュー・・・脱毛予防、育毛、養毛、脱毛症の原因物質抑制、片頭痛、頭痛、関節炎、生理痛
ローズマリー・・・老化防止〔若返り〕記憶力低下、頭痛、軽い鬱症状、【外用】フケ、髪のつや太さの改善
スギナ・・・爪と髪の艶、糖尿病による内出血〔糖尿病網膜症〕、夜尿症、前立腺炎、膀胱炎、尿道炎
ネトル・・・痛風、関節炎、肝炎、肥満、脱毛症、ニキビアトピー、【外用】、頭皮と毛髪の悩み、火傷
ノコギリヤシ・・・薄毛、抜け毛予防、育毛、発毛
・女性ホルモン活性化の関するハーブ
黒豆・・・老化防止、更年期障害骨粗鬆症豊胸(バストアップ)エストロゲン類似作用、ホルモン調整
チェストツリー・・・更年期障害、、月経前症候群〔PMS〕、子宮筋腫、子宮内膜炎豊胸(バストアップ)
マカ・・・生理不順、更年期障害、集中力・記憶力向上、病気予防、不妊の改善、豊胸(バストアップ)

美用と健康を追求することは、生活を豊にする スポンサーリンク
アロマセラピー・・・精神的な癒し、安心、心の安定
美白美肌・・・女性の美の基本となるお肌の健康
エステティック・・・痩身や脱毛、美白などの全身美容術
豊胸(バストアップ)・美乳・・・バストが悩みの女性は多い
プラセンタ・・・美白などお肌にとっての大切な栄養素
ポリフェノール・・・植物に含有され、約5000 種以上ある
エストロゲン・・・女性の健康・美容・生活に必要なホルモン

男性型脱毛症・・・・・
概 要 ・遺伝、男性ホルモンの影響、食事・生活習慣、精神的ストレスなどの原因が複合した結果、
 髪が抜けたり細くなるのです。どの方も薄毛になる可能性があるということがわかります。
原  因 ・男性ホルモン・・・男性ホルモン(テストステロン)は髭や体毛などの成長を促進するが、頭髪には逆で、
 毛根の毛母細胞でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、毛母細胞を萎縮させ、髪の成長を妨げる
・遺伝・・・薄毛には遺伝的要素が関与している。男性ホルモンを受け取る受容体の遺伝子を調べることで、
 男性ホルモンの影響を受けやすい体質か否かを知り、個々にあった治療方針を立てることができる。
・・ストレス・・心や体にも悪影響を及ぼすストレスが自律経やホルモンバランスを乱し、血流が悪化すると、
 毛根に栄養分を十分運べない状態となる。
・生活習慣、食生活・・・髪の毛の生成に必須とされるビタミンやミネラルが十分に摂取できない場合や
 不規則な生活も髪の成長に悪影響を及ぼす。毛根のベタつき・脂っぽい感じがある、髪全体に臭いが
 あるなどの頭皮の悩みは、早めの相談が抜け毛・薄毛の予防・解消につながる
治  療 ・薄毛になりやすい体質が遺伝し、その家系の生活習慣などが遺伝的要素として影響する。
 父親や祖父が薄毛だから、その子孫が必ず薄毛になるということはありません。
・肉類や油物の摂り過ぎで血中コレステロールが増加すると、血行不良が起こり末端の頭皮の毛根に
 栄養分が流れなくなる。育毛には、たんぱく質や、その代謝を助けるビタミンやミネラルが不可欠なので、
 栄養バランスの良い食事をしないと髪は育ちません。無理なダイエットで抜け毛が急速に進むことなど。
・たばこのニコチンは血管を収縮させて抜け毛を促進し、薄毛の進行が早くなる。
 育毛剤の使用や、整髪で目立たなくしたり、カラーリングで隠すことは薄毛治療ではありませんので
 加齢、ホルモンバランスの変化、、円形脱毛症などの治療は、専門病院を受診して治療して下さい。
ハーブ フィーバーフュー・・・脱毛予防、育毛、養毛、脱毛症の原因物質抑制、偏頭痛、頭痛、関節炎、生理痛
ローズマリー・・・老化防止〔若返り〕記憶力低下、頭痛、軽い鬱症状、【外用】フケ、髪のつや太さの改善
スギナ・・・爪と髪の艶、糖尿病による内出血〔糖尿病性網膜症〕、夜尿症、前立腺炎、膀胱炎、尿道炎
ネトル・・・男性ホルモン分泌促進、痛風、脱毛症、ニキビアトピー、【外用】、頭皮と毛髪の悩み、火傷
マカ・・・男性機能が向上、生殖腺活性、ホルモンバランス調整、内分泌腺機能向上、不妊の改善
ノコギリヤシ・・・抜け毛予防、良性前立腺肥大症、頻尿、夜間の放尿、排尿困難、前立腺疾患、

広告

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote


ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved