用語集【は行】ハーブティー薬草データベース

Herbal Database〔ハーブティー薬草データベース〕
HOME 最新情報 参考文献
スポンサーリンク

年齢、健康状態による制限
子供に安全 子供に注意 妊婦・授乳中に注意 高齢者に安全 高齢者に注意
病名・症状別検索
アレルギー ダイエット 糖尿病 女性、妊婦 不妊・未妊
循環器系〔血圧〕 肝臓機能 消化器系〔便秘〕 消化器系〔潰瘍など〕 泌尿器系
頭〔精神系など〕 皮膚関係 耳鼻咽喉関係 歯科、口腔
感染症 免疫機能関係 関節炎、骨関係 リウマチ・痛風 呼吸器

日常生活を常に見直す努力を スポンサーリンク
メダボリック・・・生活習慣病が重なり合うと危険度が増す
ストレス・・・外的な有害原因にて生じた障害と防衛反応
便秘・・・腸管にとどまって硬くなり、排便に困難を伴う
冷え性・・・四肢など部分的に冷えを感じることが多い
疲労・・・身体にとって生命維持の上で重要な信号である
自律神経失調症・・・自律神経系の原因不明の愁訴
逆流性食道炎・・・食道に逆流し、食道粘膜に炎症が生じる


サイト内の関連するページと広告

【名称 英名 学名 用語】 索引
肺気腫
〔はいきしゅ〕
・呼吸細気管支と肺胞が拡張し、破壊される疾患。拡張、破壊により、息を吸うときには、
 肺に空気が入っていきますが、吐き出すときにうまく空気が肺から出て行かなくなります。
 徐々に進行し、肺胞が拡張と破壊を繰り返し正常の肺の血管が細くなったり、肺全体が
 膨張し、呼吸筋である横隔膜を押し下げたり、心臓を圧迫したりします。体動時の息切れや
 息苦しさを感じてきます。その後、胸郭が前後に張り出したり,自分のペースで平地を
 歩いていても,安静にしていても呼吸困難を生じるようになります。
敗血症〔はいけっしょう〕 病原菌が体内の病巣より絶えず送り出されて起こる全身的な感染症。
配糖体〔はいとうたい〕 ・ブドウ糖などの糖類に、アルコール、フェノールなどの水酸其をもつ有機化合物が結合した
 化合物の総称。植物界に多く、果実に含まれ、タンニンや渋み成分、色素のアントシアニン、
 ジギタリス系配糖体、人参〔田七など〕のサポニンなどある。
白内障〔はくないしょう〕 ・瞳の水晶体が白く濁り、視力が低下する病気。60歳をすぎると大半が白内障になります。
・・・白内障の説明
バルバロイン ・アロインの主成分、腸の働きを活発にする神経を直接刺激することで、便秘を改善する。
 アロインは医薬品として扱われているので過剰摂取など十分に注意が必要。
パルテノライド ・この成分は、発熱などに効くとして古くから欧米で愛用されてきたハーブの一種、
 フィーバーフュー〔ナツシロギク〕から抽出した「パルテノライド」。近年の研究で、
 がん転移や様々な炎症を引き起こす司令塔役のたんぱく質「NF―kB」に結びつき、
 転移や炎症を抑える働きがあることが分かっている。
・研究チームは、この成分のリウマチや関節炎に対する作用を調べている
 最中に脱毛症への効果を見つけた。リウマチ患者に与えたところ、痛みが
 和らいだうえに「髪の毛が太くなったり、薄くなった頭頂部にうぶ毛が生えたりした」
 という。額の生え際や頭頂部の毛が薄くなる男性型脱毛症の原因物質は、
 男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」(DHT)とされる。DHTの生成には
 「NF―kB」がかかわっており、パルテノライドがその働きを抑えることで、脱毛症の
 進行が抑制されると研究チームはみている。
 「従来の脱毛症薬とは異なる、NF―kBという治療のターゲットが見つかった。
 新たな治療法への応用が期待できる」と話す。
冷え性 ・特に末梢血管などでの障害により生じることがある。一般的な特徴として、身体全体には
 寒さを感じないが、四肢など部分的に冷えを感じることが多い。
 冷え性に伴う慢性的な血行障害が原因で、しもやけ、腰痛、神経痛、肩こり、肌あれ
 などが起きうる。・・・冷え性の詳細

年齢と共に少しずつ健康が損なわれていくことを知る スポンサーリンク
腰痛・・・一般的に「ぎっくり腰」と呼ばれる
肩こり・・・肩、肩甲部など筋肉の緊張を中心とする不快感
骨粗鬆症・・・骨量の減少と骨組織の微細構造に脆弱性が生じる
痛風・・・高尿酸血症状態で、起こる急性の関節炎
ニキビ・・・毛嚢・脂腺系の慢性炎症を生じる皮膚病
前立腺肥大症・・・男性生殖器官の前立腺内側が腫大する病気
アトピー・・・湿疹を伴ない、アレルギー反応と関連がある

【名称 英名 学名 用語】 索引
非核酸系HIV逆
転写酵素阻害薬
・HIVが増えていく際に必要な逆転写酵素の働きを抑えてしまう薬で、ウイルスの材料に
 似た物質から成り立っている。HIVが勘違いしてこの薬の物質を取り込むと、
 そこから先の加工過程がダメになってしまう。そしてHIVが作られなくなる仕組みだ。
光過敏症 ・日光に当ると過敏な反応を起こすアレルギー反応です。原因物質は多くあります。
 特に食物により起こることが多い。
ヒスタミン アレルギー反応を起こしたときなどに細胞から放出される物質で、血管を拡張させる
 などの作用を持つ。例えばアレルギーの原因となる物質が体内に入ると、ヒスタミンが
 過剰に分泌され、体内各所にあるヒスタミン1型受容体というたんぱく質と結合して、
 かゆみや鼻水などの原因となる。ヒスタミンの作用を抑える薬を「抗ヒスタミン剤」という。
肥満細胞 ・鼻の粘膜などに付着し、くしゃみ、鼻水などのアレルギー反応を起こすヒスタミンを
 含む細胞。スギ花粉などに対して反応するIgE抗体と結合しやすく、IgE抗体が攻撃を
 始めるとヒスタミンを放出し、花粉症の諸症状があらわれる。
日焼け ・紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状サンバーン( sunburn)と、
 メラニン色素が皮膚表面に沈着することサンタン( suntanning)・・・日焼けの詳細
百日咳 ・特有の痙攣性の咳発作を特徴とする急性気道感染症です。母親からの
 免疫〔経胎盤移行抗体〕が期待できない為、乳幼児早期に罹患し死に至る危険性も高い。
 三種混合ワクチン接種〔ジフテリア・百日咳・破傷風〕の実施により発生数は激減している。
ビタミンK ・ビタミンKは、正常な血液の凝固を促す脂溶性ビタミンである。ビタミンKには緑黄色野菜に
 含まれる「K1」と微生物による合成から作られる「K2」がある。「K2」は納豆に多く含まれ
 体内の腸内細菌からも作られる。またビタミンKは、骨からカルシウムが溶け出るのを防ぐ
 役割もある。ビタミンKが不足すると出血の時に血が止まらない、鼻血が良く出る、
 骨がもろくなる(骨粗鬆症)、新生児の出血、大腸炎、下痢、痔核、流産、青あざ、
 歯茎からの出血、生理の量が多い、疲れやすくなるなどの症状があらわれる。 ビタミンKは、
 内出血や痔核を防ぎ、血液の凝固に関与し止血を促す、解毒作用や利尿作用、骨や歯茎を
 強くする、などの効果がある。ワーファリンを服用している方は、ビタミンKを多く含む食物や
 納豆を控えることが必要です。納豆菌はビタミンKを産生する。
ビタミンB6 ・たんぱく質の代謝を促す大切なビタミンです。健康な皮膚や髪、歯をつくり、成長を
 促進するので、特に発育期の子供や妊婦・授乳婦には不可欠です。また、免疫機能を
 正常に保つはたらきもあり、不足するとアレルギー症状が出ることもあります。摂取量 
 男性1.4mg/日 女性1.2mg/日 いわし大2.5匹、バナナ約3本 
 摂取上限60mg/日薬用量〔塩酸ピリドキシン〕100mg/日
美白 ・美白とは、色素沈着が少なく、かつ光の反射量が多い、明るい美しい肌のことをいう。
 主に顔の肌について用いられる。・・・美白の詳細
PMS ・Premenstrual Syndromeの略。日本語では、月経前症候群、また月経前緊張症と
 言われます。通常、月経の2週間ないし1週間位前からおこり、月経開始とともに消失する、
 周期性のある一連の身体的、および精神的症状を示す症候群〔いろいろな症状の集まり〕と
 定義されています。PMSに関する資料・・・PMSの詳細
疲労 ・健康なヒトの生理的疲労は、精神あるいは身体に負荷を与えた際に作業効率が
 一過性に低下した状態。休息を求める欲求と倦怠感を伴う。・・・疲労の詳細
ピロリ菌 ・ヘリコバクター・ピロリ菌という、人間の胃の中に住んでいる細菌です。
 胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因となっていることが、近年あきらかになりました。
貧血 貧血は、赤血球数の低下、または、ヘモグロビンの値の低下を来した状態。
又は、血液が不足した状態の総称です。・・・貧血の詳細
5-HTP ・5-HTP(5-ヒドロキシ・トリプトファン)は、脳内のセロトニン量を増やす働きがあります。
 セロトニンは幸福感をもたらす神経伝達物質で、リラックスや満腹感に関与していると
 考えられています。従って、適切な摂取を行うことで過食による肥満を防ぐことも
 期待されます。また、セロトニンは夜間に多く分泌されるホルモン、メラトニンへと
 代謝されます。メラトニンは夜間に多く分泌されるホルモンで、眠りを誘う効果があるため、
 5-HTPにも同様の効果が期待できます。
副鼻腔炎 ・蓄膿症と言われていたもので、鼻のまわりの空洞〔副鼻腔〕に炎症がおこる病気。
腹部膨満 ・腸管に多量のガスが貯留し腹部が膨隆した状態〔鼓腸〕。腸内ガス生成処理の異常、
 ガス生成の増加、腸壁からの吸収障害、放屁の停止、減少などが原因。
不整脈 ・心臓の刺激生成あるいは刺激伝導の異常によって、心臓のリズムに異常が生じている状態。
 脈が遅くなる「徐脈」、速くなる「頻脈」、さらに、リズムが不規則になって脈が
 飛ぶ「期外収縮」の3つに大きく分けられる。脈がたまに飛ぶ程度や、症状のない徐脈は、
 心配のないことが多いが、突然死につながりやすい不整脈(心室細動、心室頻拍、
 心室期外収縮など)もあり、注意が必要である。
不眠症 ・不眠には、心身の病気・心理的な要因・環境の変化などのさまざまな原因があります。
 心配があって眠れないのは不眠症ではなく、眠れないことが習慣的・慢性的になったものを
 不眠症といいます。①寝つきが悪い ②途中で何度も目が覚める ③朝早く目が覚める
 ④眠りが浅い ⑤夢をよく見る などのタイプがあります。・・・不眠の詳細
プラセンタ ・和訳は胎盤ですが、日本では、胎盤から抽出した有効成分のこと・・・プラセンタの詳細
フラボノイド ・一定の化学構造を持つ成分の総称で、主に野菜や果物などから非常に多くのものが
 発見されています。活性酸素の除去、抗ガン、高血圧の改善、抗菌、抗ウイルス、
 抗アレルギーなど多くの効果が分かっています。・・・・・フラボノイドの詳細
ヘルペス ・ヘルペスウイルスが引き起こし、単純疱疹と帯状疱疹がある。原因は小児の頃に感染した
 水疱瘡が疲労やストレスなどで再発した病気。
片頭痛 ・片側性の脈拍に一致した拍動性の頭痛で、悪心・嘔吐を伴い、光や音に対して過敏になる。
・・・片頭痛の詳細
片頭痛治療薬 ・トリプタン系薬剤偏頭痛の発作のよる頭痛をやわらげる薬〔スマトリプタン〕
βーグルカン〔β-glucan〕 ・キノコ類に多く含まれる多糖類で、免疫機能活性作用・治癒力強化作用・強力な
 抗腫瘍作用がある1941年に米国のルイス・ピレマー博士が、パン酵母(イースト菌)から
 抽出した物質に「ザイモサン」と名づけたことが始まりとされています。その後、1960年代に
 米国チュレーン大学の創立者であるニコラス・ディルジオ博士がパン酵母の細胞壁から
 高分子多糖体を抽出し、その物質に「β1.3Dグルカン」と名づけました。
便秘 ・便秘とは、糞便が長い間腸管にとどまって水分が減少して硬くなり、排便に困難を伴う
 状態のことで、通常は便の回数の減少、便量の減少、硬い便、排便困難感、残便感が
 あるときに便秘と呼ばれています。
 ひどい便秘で苦しんでいる人は約5%とされ、加齢とともに増える傾向があります。
 ・・・・便秘の詳細
豊胸 ・バストの悩みを持つ女性は多く、大きさや形ばかりでなく硬さや感触も気になる要因の
 一つといえます。・・・豊胸の詳細
膨張性緩下剤 ・便の体積と水分含有量を増大させることによって排便を促進させる物質です。
 膨張性緩下剤は腸閉塞には使用禁止。便秘や食道閉塞または腸閉塞を避けるため
 十分な水分と一緒に摂取しなければならない。
【警告】
 膨張性緩下剤を十分な水分と一緒に摂取しないと、本剤が膨らんで喉や食道を
 詰まらせ窒息の原因になる場合がある。嚥下障害がある場合は使用禁止。もし摂取後に、
 胸痛、嘔吐、嚥下障害、呼吸困難が起こった場合には、速やかに治療を受けること。
苞葉 ・葉または花房の基部につく変形した葉。外見は、普通の葉に似ているものや、鱗状に
 変化したものでしばし大きく鮮やかな色をしている。
ポジティブリスト制度 ・残留基準(および暫定規準、以下同じ)の設定されている農薬については、
 その基準以内での作物への残留は認めています(基準を超えれば当然、その作物の
 販売等が禁止されます)。そして、それ以外の残留基準の設定されていない農薬の残留は
 禁止されます。しかし、実際の農薬使用の現場では、防除対象の農作物に隣接する
 他の農作物にも農薬が飛散し残留する可能性が否定できません。この場合、隣接する
 他の作物にその農薬の残留基準が設定されていない可能性がありますから、
 このような残留まで一切禁止すると、生産が成り立たなくなる恐れもあります。
 また、輸入農産物の増加のなか、国内外で残留基準が設定されていない農薬が
 検出される可能性もあります。そのため、残留基準が設定されていない農薬の残留に
 ついては「人の健康を損なうおそれのない量」(一律基準値0.01ppm)を設定し、
 それを超えた残留のある農産物の販売等を全面的に禁止するという対応をとっています。
・・・・ポジティブリスト制度の詳細
匍匐性 地面を這う形で育つ植物で広がった先々で根をおろす。
ポリフェノール ・ほとんどの植物に含有され、その数は5000 種以上に及ぶ。光合成によってできた
 植物の色素や苦味の成分であり、植物細胞の生成、活性化などを助ける働きをもつ。
 人間にも抗酸化作用(動脈硬化や脳梗塞を防ぐ)、ホルモン促進作用などの効力を
 与えることが近年明らかになり、様々な種類のポリフェノールが発見・抽出・開発され、
 医薬品、健康食品として多くの商品を生み出している。フラボノイド、カテキン、
 アントシアニン、フラボン、イソフラボン、フラバン、フラバノン、フェノール酸、
 クロロゲン酸、エラグ酸、リクナン、クルクミン、クマリンなどがある。
 ・・・・・ポリフェノールの詳細
ハーブ(Herbal tea)専門店 【百華茶苑】

著者のブログの紹介
薪ストーブを楽しむ 薪ストーブ生活の良さ、楽しさ更に大変なところなど紹介
半坪菜園 畳一枚分(半坪)の大きなプランターのような畑を作り栽培している
年輪・木目の木工 廃棄される樹木の年輪・木目を活かした木工
ハーブ・薬草とは オリジナル画像を使用してわかりやすくまとめたブログ
著作者の木工作品を委託販売しているサイト
  Creema   iichi   minne   tetote

ハーブを調べるには、役立つ索引です。
 名称索引 英名索引 学名索引 用語索引・・・名称や語句で検索
 ハーブ栽培記録・・・・・ガーデニングで栽培した植物の記録

ハーブティー専門店【百華茶苑】 オリジナルブレンド〔ハーブ、薬草〕
A-1(ダイエット) A-2(美 肌) A-3(アレルギー) A-4(病気予防) A-5(糖 尿)
B-1(血 圧) B-2(不 眠) B-3(女性ホルモン) B-4(眼精疲労) B-5(蓄膿・歯周病)

ハーブティー専門店【百華茶苑】 目的別商品〔ハーブ、薬草〕
ダイエット 女性・妊婦 ストレス アレルギー 冷え性 男 性 血 圧
糖 尿 ペット用 目〔老化〕 耳鼻・咽喉 感染防止 歯・口腔衛生 オリジナル

ハーブ・薬草ネット通販 ハーブ(Herbal tea)専門店 

ハーブティー専門店【百華茶苑】福岡県春日市
Copynghted (c) 2005 Hyakka-Saen.Co.Ltd All Rights Reserved